アラフォー会計士受験生の日記

40歳までに合格なるか?

子どもの病気

2016-10-20 00:55:41 | ネフローゼ
先週末の土曜日に
子どもは無事に退院しました。

ただ、自宅での療養のため、
誰かがついていないとダメで、
それぞれの親の協力のもと、
何とかやっております。


ちょうど六週間前に、
朝、何となく顔が浮腫んでいるような
気がしたのですが、
もともとポッチャリした顔のため、
気のせいかなとやり過ごしました。

でも、次の日、
ネフローゼ症候群と診断され、
即日入院となりました。

自分でもネットで調べていて、
その病名にたどり着いていましたが、
自分の子どもが
まさかそんな重病の訳がないと
思っていました。
10万人に5,6人の発症率だそうです。

残念ながら、
悪い方の予想が的中しました。

この病気は原因は不明ですが、
ステロイドが効き命に別状はありません。
でも、この病気の恐ろしいところは、
再発率が70%を超えるところです。

完治はなく、寛解状態を維持すること
が目標になります。

うちの子どもの場合、
効くはずのステロイドが効かず、
効かないまま十日が過ぎました。

そのため、ステロイド抵抗性という
国の難病にも指定されている
20万人に1人に発症するタイプかと
一瞬頭をよぎり、主治医からも念のため
転院先について話がありましたが、
その後何とか寛解しました。

この十日目前後は、
本当に胃が痛かったです。

今は、MAXまで投与していた
ステロイドを徐々に
減らしているところです。

重要なのは、
ステロイドをゼロにしたときに
再発しないことですが、
どうなるのか今は全く分かりません。

こんな状況ではありますが、
試験は待ってくれません。

今やれることに集中したいと思います。

わたしだけでなく、
高齢受験生は色々なことを
抱えながら勉強しているんだろうな
と思います。

だからこそ資格試験は、
若いうちにさっさと受かるに越したことは
ないなと改めて思い知らされました…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 短答基礎答練 第二回 管理会計論 | トップ | 直前答練 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。