べんきょうなせん(='ω')

べんきょうは論理で考えるトレーニング
熊本県山鹿市中高大学受験の "あすく" です

良いボスと慕われたいなら

2017年02月10日 | 私事・未分類
親や先生それに職場…周りのかかわりで成り立っている対人関係にも当てはまります


役割に従え

役割は周りが決めます。役割を自分で選択出来るのは、比類なき才能を示せるかほんの初歩のうちだけです

己の才能を信じたい。多くのひとがそのために足掻きます。ですが結果まで勝ち取れるのはほんの一握りです。ビックリするくらい一握りです

足掻くことは悪くありません。なにもしないのに比べ、はるかに可能性が高まるから。あなたが初歩の段階なら己の才能をただ信じて突っ走ってみるといい。結果を勝ち取ることがなくとも、代えがたい経験と足掻いたことへの納得とが手に入ります。揺るがない自信が造れます

あなたの土台となる大切な5%です


あなたがそればかりに固執するとしたら、結果は得られずムダ足掻きに終わるかもしれません。結果も求めるとしたら、特に対人関係での結果は自分にコントロール出来ないことで大きく左右されます

もし己の才能と努力だけで結果まで得ようとするなら、社会状況やタイミングに左右されない小さなセカイだけです。そのため自信が持てないひとほど小さなセカイに閉じ込もって出てこようとしません。それだって悪くはない。小さなセカイに満足が出来るのかもしれないし、時にはそこに甘えてもいい。ココロの安寧が得られます。わたしだってすべてにチャレンジをしてるわけじゃない

ただ結果は得られません。その小さなセカイに留まり続ける限り周りになにももたらさないから。それで慕われることはない。それだけのことです

あなたが満たされないのだとしたら、そのせいなのかもしれませんね。それは喜ぶべきことです。自分だけでなんとか出来る初歩の段階は済ませたということだから


ダメだこりゃとなら、次いってみよう

群れで生きるヒトという生き物は、とても強い承認欲求を持ちます。承認欲求は気持ちから湧きますから際限がありません。完全に満たされることはありえないわけです。また、対人関係に満足出来るかは周りとのかかわりによって変化します。周りがみな上手くやれてるんだと思い込めばハードルばかり上がり永遠に満たされません

ヒトの想像は無限です。それはヒトの可能性であると同時にあなたを縛ります

あなたが満たされない理由がヒトの持つ無限の想像だとしたら現実へ基準を移しましょう。現実は有限ですから具体的に動かすことが可能です。ゴールは自在に設定出来ます。結果まで得られることでしょう

そのために役割に従え

仕事での役割があなたの95%です。役割は、周りから見たあなたの行動によって決められます。自分で決められるとしたら、初歩の段階を自分がやりきったのかあるいは才能だけを信じてこれからも進むことが出来るのか、その判断だけです。時間や体力に限りを感じる三十歳を過ぎたら結果(ゴール)をどこに置くかを設定することだけです

役割に従うか従わないかはあなたが決められます。でも大きなセカイに出れば、すべてを突っぱねて自分だけでなんとかすることは出来ないんだよと言ってるんです

納得ならともかく、自信なんて動き続けているヤツにしか手に入れられない。もし動きがとれなくなっているとしたらそれは「小さなセカイに閉じ込もり続けたい」って誘惑に縛られてるんだよと個人的に思ってます

みんなそうなんです。あなただけじゃない。悪くありません。ただ言い訳にはしちゃいけない。自分から目を背けるな。与えられた役割を果たさず代わりを探したってムダ足掻きになります。役割を果たし続けるヤツだけが承認欲求も結果も手に入れます。「(自信はなくとも)ここまではやり遂げます」と言え。当たり前のたいしたことじゃなくて構わない。ひとつやり遂げたら次に進める。役割をひとつ果たしさえすば、失敗しても間違っても勝手に良いように取ってくれるさ

親や先生それに職場…周りのかかわりで成り立っている対人関係にも当てはまります。モノを間に成り立つ物販じゃなければ、あなたの悩みはたいていコレです。

あなたの悩みは才能のせいや努力不足とは限らないよ。悩めることを喜ぶべきです。次に進みさえすればいいのだから(藤田)


5%のために95%をやるのだ


[私信]

あなたの役割はなんでしょう?

周りから、家庭なら家族から職場なら部下から見たあなたの役割です。自分のやりたいことではありません。5%のやりたいことは別に決めもう始めたでしょ

役割は複数書き出した上でひとつ決めましょう。その役割を実現するためにやるべきことを決めましょう。迷ったら役割に従っているか自ら問い直しましょう。役割さえ果たしていれば、次の道は勝手に開けます。初歩は済ませているのですから自然に開けます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挨拶(あいさつ) | トップ | マラソンシーズンは外しちゃ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

私事・未分類」カテゴリの最新記事