べんきょうなせん(='ω')

べんきょうは論理で考えるトレーニング
熊本県山鹿市中高大学受験の "あすく" です

【教育ニュース】附属廃止の動きも

2017年05月20日 | 教育ニュース
大学の教育系学部には、教員養成を目的とする教育学部と、教育学などの理論的研究を主とする教育学部に分けられます。日本の教育学部特に国立大学教育学部は教員養成の役割が大きい。地域の社会状況、たとえば少子化や人口動向に左右されやすくなります


「教育学部」(ウィキペディア・パソコン向け

>日本の国立大学の教育学部には、一般に「教員養成系」と呼ばれるものと「教育学系」と呼ばれるものの2つがある。

>教員養成系
>旧制の(高等師範学校以外の)師範学校の流れをくむもので、小学校の教員・中学校の教員の養成が主な役割である(「歴史」も参照のこと)。従って、教育学を含む諸学問を学校の教育へ応用することを主眼に教育研究がなされる。教育学を含む諸学問を教育研究する主たる目的が教員の養成にあることから、教員養成大学・教員養成学部などとも呼ばれる。

>教育学系
>旧制の国立総合大学(旧・帝国大学)の文学部や法学部、および旧制の文理科大学からの分離独立、もしくは新制大学が発足する際の学部の新設によって成立したもので、教員養成をもっぱらにはせず、教育とその関連領域に関する基礎的な教育研究が主たる役割であり、卒業生の進路は、教育させている研究者、一般企業での人事などの仕事、公務員の一般職である。中には社会科・公民科等の教員免許が取得可能な場合もあり、教職に就く卒業生も少数ながらいる。狭義の教育学の他、社会学・心理学などの分野を含む。(ここまで引用)


国立大学の教育学部附属校は、大学の研究成果を試す「研究校」であり進学校ではありません。通常内部進学はありませんし、成績上位者のみ合格させているとは限らない。実際、双子を優先して入学させたり成績でグループ分けしてそれぞれのグループから広く合格させていたりします。学校説明会(参加しないと受験できない)でもはっきり研究校だとの説明があるはずです

国立附属校は、私立校と違い他の受験先の動向より、大学全体の動向(特に予算)によって左右されます(藤田)


>附属廃止の動きも…国立大学の教育学部に何が?(ベネッセ教育情報サイト・パソコン向け

>国立の宇都宮大学の教育学部が、附属幼稚園の廃止を検討していることを明らかにしました。小・中学校など他の附属学校も含め、今後の在り方を1年かけて検討するといいます。その大きな理由は、国からの運営交付金が減少していることだとしています。いったい、何が起こっているのでしょう。どうやら同大学だけではなく、他の国立大学にも共通する課題のようです。

>法人化で交付金削減、肩身狭く

>国立大学には現在、教員養成を目的とする教育学部が43都道府県に44学部(うち単科大学が11学部)設置されています(教育学などの教育・研究を主とする「教育学系」の教育学部を除く)。かつては全都道府県に教員養成学部があり、その実験校として学部附属の学校を置いていたのですが、2004(平成16)年度に国立大学が法人化されたのを機に、鳥取大学が教員養成機能を島根大学に移動し、教育学部の附属学校は大学附属になりました。山形大学(地域教育文化学部)、福島大学(人文社会学群)、富山大学(人間発達科学部)は、教職課程を残しつつ、学部としては教員養成目的という看板を降ろしています。

>国立大学法人になったことによって、国の直轄を離れて運営が比較的自由にできるようになった半面、国からの運営費交付金が毎年約1%ずつ削減され、その分またはそれ以上を、外部の研究費や寄付金など独自に賄う必要に迫られました。

>そこで困るのが、学生の教育を主とする学部、とりわけ教員養成学部です。理工系などに比べて、多額の科学研究費や委託研究費を国や企業など外部から獲得することは困難です。授業料を一定の範囲内で値上げすることも認められていますが、学生の負担も考え、どこもしり込みしているのが現状です。

>単科の教育大学はもちろん、総合大学の中での教育学部も安泰ではありません。大学全体が財源確保に悩んでいるのに、附属学校も含めて教員数が多くて人件費が掛かり、しかも「稼げない」教育学部は、他学部から白い目で見られ、肩身が狭いと関係者は口をそろえます。

>2022年度以降は県境を越えて再編・統合か

>そこで昨秋から文部科学省は、「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議」を設けて、それらの在り方を検討してきました。そこでは、▽全都道府県に、現職教員の再教育を含めた「教職大学院」を設置する(現在は山形・富山の両大学を含めた39大学)▽国立教員養成大学・学部の入学定員を全体的に減らし、近隣の大学と協力して一部教科の教員養成を集約したり、更には学部自体の再編・統合も視野に入れたりした検討を進める……といった検討課題が浮上しています。

>国立大学法人は、6年ごとに中期計画を立て、文部科学大臣の承認を受けることになっており、第3期計画(2016~21<平成28~33>年度)では、教員免許取得を義務付けない教育学部の新課程(いわゆるゼロ免課程)を廃止して、その定員分も活用して新学部を創設することが進められました。しかし第4期の始まる2022(平成34)年度に向け、教員養成課程に関しても県境を越えた再編・統合が現実になるのは避けられない情勢です。(ここまで引用)

国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分が先に変わること、成長... | トップ | 忘れるッ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。