『タキ10450』のタンク車を追いかけて

専貨がほぼ全滅した今、2004年頃から撮り始めたタンク車の型式写真を紹介していきます。

タキ38072

2017年02月23日 | ガソリン・石油車
3月が近づくとダイヤ改正やらある車両の引退やら、鉄の世界も少し騒がしくなる季節がやってきつつあります。

先日、東京メトロ銀座線に乗車したのですが、車内の宙吊り広告に「銀座線01系が3月10日にラストラン」とあり、記念乗車があるようです。
丸ノ内線の02系はワンマン運転対応にリニューアルされ、まだまだ活躍を続けるようで、銀座線01系も同じようにリニューアルされるのかと思いきや、あっと言う間に廃車が進み残り1編成だそうです。神田に会社の事務所があった頃は、毎日のように01系に乗っていて何の感動も無かったのですが、引退となると懐かしさと寂しさを覚えます。

今回はタキ38072です。


(タキ38072 2010年4月4日 名臨東港駅にて)

東海地区にもタキ38000は結構いまして、東港駅の他四日市あたりでも見ることが出来ました。

ただ、撮影した頃でも既に波動用的な扱いでして、東港構内にもこのように数両がポツンと留置されていることが多かったように思います。

右隣もタキ38000です。

タキ38072の向こう側にとび色のホキ車が見えてますが、矢橋工業のホキ9500ですね。


次回もタキ38000です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38068

2017年02月15日 | ガソリン・石油車
先週金土とで名古屋へ行った折、久しぶりに稲沢をちょっと覗いて愛知機関区所属のDD51を見てきました。
鉄旅では無かったのですが、行事の合間の訪問ながら原色のDD51 853号機を拝むことが出来て、充実した日でした。

今回はタキ38068です。


(タキ38068 2011年12月30日 安善駅にて)


ご覧の通り「JP-8」の標記があるので米タン専属の車です。

既に「JP-8」をまとったタキ1000が運用に就いており、タキ38000の活躍は風前の灯といったところでした。

と言っても「JP-8」の標記の有無だけのことで、他のタキ38000と形態に変化はありません。


次回もタキ38000です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38065

2017年02月04日 | ガソリン・石油車
2月になりました。近所にある駒沢大学では今日は入試だったようで、朝と夕方に受験生がたくさん出入りしていて、出入りする時間帯は歩道は人であふれていました。

今回はタキ38065です。


(タキ38065 2011年12月30日 川崎貨物駅にて)


液垂れの部分に錆びが浮いていて、タンク体に艶も無くて風雪を耐えてたくましく運用されています。

検査関係標記板の白票挿しは赤く縁取られていますね。

回りに見えているタンク車は日本オイルターミナル車ばかりですね。
タキ38065の左奥には赤いコキ車も見えています。コキ200でしょうか。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38063

2017年01月30日 | ガソリン・石油車
嫁と娘が2月の金土でドームライブがあるとかで名古屋へ行く予定で、ライブは行かねど

本輪西から一転、川崎で捉えた画像です。タキ38063です。


(タキ38063 2011年12月30日 川崎貨物駅にて)

冬の晴れた日の午前中の川崎はピーカンです。
液垂れ跡が鈍く光ってます。

社名板は中心位置にありますが、車番・積荷標記はオフセットされて右側に掲示されています。タキ38000の特徴ですね。
センターアンカの左横に上向きの矢印がありますが、この位置のタンク頂上にハッチがあることを示しています。

両サイドの車は青い車体が見えています。日本オイルターミナルの車です。

次回も川崎貨物で捉えたタキ38000です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38059

2017年01月25日 | ガソリン・石油車
本輪西の車が続きます、今回はタキ38059です。



(タキ38059 2011年12月21日 本輪西にて)


手前にフェンスがあり、足廻りがよく見えない画像で恐縮です。

他の方のブログ等によると、タキ38059は室蘭港からどこぞの国に海外譲渡されたそうです。
ディーゼル機関車や電車が海外譲渡される話しは時々ありますが、タンク車も海外譲渡されることもあるのですね。

タキ38000の先にタキ43000と思われる車が見えています。
タンク上部の踏み板や手摺りの処理の差が見てとれます。

タキ38000と比べると、タキ43000は踏み板が短めで、ハシゴの位置が左右同じ場所から昇降するようになっています。

画像から見えているだけで、タキ38000・タキ43000・タキ44000・タキ1000(タキ243000かも)が居ます。
他にもタキ11000とタキ40000も居ましたので、それなりにバリエーションがありました。


次回もタキ38000が続きます、次回は川崎で捉えた車です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38058

2017年01月22日 | ガソリン・石油車
1週間前の15日(日)は、世田谷のボロ市がありました。非常に冷え込んだ日でしたが快晴に恵まれ、例年になく人出が多かったです。

本輪西の車が続きます。


(タキ38058 2012年7月8日 本輪西にて)


前回のタキ38056と基本的に形態は同じですが、社名の位置が少し下にあります。
元の位置には、社名板取付のボルト跡が6本見えてます。

本輪西の石油輸送も2014年5月に終焉したそうで、2年半も経つのですね。
時の流れるのはホント早いもんです。


次回も本輪西の車です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38056

2017年01月10日 | ガソリン・石油車
新年あけましておめでとうございます。今年も稚拙ブログをよろしくお願い致します。

さて、タキ38000の続きです。今回はタキ38056です。


(タキ38056 2012年7月8日 本輪西にて)


本輪西拠点に道内で運用されていた車です。
札幌へ出張した際に、プライベートで1泊して本輪西を訪問した時のものです。
東室蘭から早朝の各停に乗り、本輪西から国道沿いをてくてく歩きました。

国道の方が少し高台になっていて、JXの室蘭製油所が一望出来ます。国道沿いから200mmの望遠で撮りました。

この位置からだと、踏み板は1位側も2位側も右側にオフセットして取り付けられているのが分かります。
踏み板の側面には、何やら細長い板状のものが、長いのと短いのとありますが、これは一体何でしょう?

次回も本輪西の車です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38052

2016年12月25日 | ガソリン・石油車
今日は我が家は大掃除の日でした。窓ふき、網戸のほこり除去、コンロ台の換気扇のファンの油除去 …等々。疲れました。

今回はタキ38052です。


(タキ38052 2011年12月30日 安善駅にて)


「JP-8」の標記があるので、米軍輸送車ですね。
常備駅は仙台北港駅となっています。川崎界隈では珍しい仙台北港駅常備車ですが、更にJP-8指定で珍しさ倍増です。

踏み板の陰がタンク体に見えてますが、差した光が丸いようですので踏み板はパンチングメタル(穴開き)のようです。

次回もタキ38000です。次回から3車続けて本輪西拠点の車です。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38050

2016年12月17日 | ガソリン・石油車
今年も残すところ2週間です。まだ年賀状印刷をオーダーしていなくて少々焦っているところです。

今回はタキ38050です。


(タキ38050 2011年12月30日 川崎貨物駅にて)


丁度5年前に川崎で撮影しています。

昇降ハシゴですが、車体右側にだいぶオフセットされて取り付けられていますが、反対側も同じようにオフセットされて取り付けられています。
こちらから見て左側に、タンク体の上部に登り切ったところでつかむ手摺がピョコンと見えています。

タキ43000みたいなタンク体をしながら台枠があるので、中々重厚な印象を受けます。

右側に連結されている車は、鏡板に点検蓋と昇温用の配管が見えてますので、石油類車のタキ44000ですね。
だいぶ色褪せてますが、青い車体ですので、日本オイルターミナル車ですね。


次回もタキ38000が続きます。


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タキ38047

2016年12月11日 | ガソリン・石油車
この土日は急に寒くなりました。真冬並みの寒さと風です。

今回はタキ38047です。


(タキ38047 2007年10月8日 川崎貨物駅にて)


引きに余裕が無くて魚眼のように写ってます。

標記は、常備駅も形式も擦れてしまって判別し辛くなってます。
常備駅は郡山だったようです。

タキ38000の台車は、私有タンク車の標準的な台車となっていたTR225です。
タキ40000と極似ですが、タキ40000はTR214Bなので、台車が識別になっています。



にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加