情報技術の四方山話

ヤマハルータ、VPN、クラウド、仮想サーバ、Linux/OSSの活用とセキュリティの情報通信四方山(よもやま)話ブログ

Linux/UbuntuのsmartctlでS.M.A.R.T.対応HDD/SSDの診断情報を表示する

2015-04-19 15:34:33 | 社内システム運用記
匠技術研究所
Linux/UbuntuのsmartctlでS.M.A.R.T.対応HDD/SSDの診断情報を表示する


いつもアクセスありがとうございます。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今回は「Linux/UbuntuのsmartctlでS.M.A.R.T.対応HDD/SSDの診断情報を表示する」です。

ハードディスク(HDD)やSSDはS.M.A.R.T.と呼ぶ仕組みで、自己診断用のデーターを持っています。このデーターを読み取ることで、HDDやSSDの、いわゆる健康状態を知ることができ、稼働停止への備えができます。

Linuxでもsmartctlコマンドで、HDDやSSDのS.M.A.R.T.情報を読み出すことができます。SATA接続とPCIe-SSD(SATAではない)、USB-DVDドライブ接続で動作を確認しています。

以下、このブログでは等幅フォントの指定ができないので、コマンドの実行結果の部分が乱れています。メモ帳などにコピーし、等幅フォントで見ると見やすくなります。

■Ubuntuでのsmartctlのインストール
UbuntuにS.M.A.R.T.情報にアクセスするコマンドをインストールします。Ubuntuの場合はsmartmontoolsとして配布されています。

$ sudo apt-get install smartmontools

■Linux/Ubuntuにつながっているディスクを確認する
起動中のLinuxが認識しているディスクを確認します。今回のシステムには、

/dev/sda = 2T HDD / SATA
/dev/sdb = 2T HDD / SATA
/dev/sdc = 128G SSD / PCIe-SSD

が認識されています。

確認方法は以下の二つの方法があります。

$ sudo lshw -short | grep disk
/0/1/0.0.0 /dev/sda disk 2TB WDC WD20EARX-00P
/0/2/0.0.0 /dev/sdb disk 2TB WDC WD20EARS-00S
/0/3/0.0.0 /dev/sdc disk 128GB PLEXTOR PX-AG128
/0/5/0.0.0 /dev/cdrom disk CDDVDW SN-208BB

$ sudo fdisk -l
Disk /dev/sda: 2000.4 GB, 2000398934016 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 243201, 合計 3907029168 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 4096 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 4096 バイト / 4096 バイト
ディスク識別子: 0x9b3ee2a1

ディスク /dev/sda は正常なパーティションテーブルを含んでいません

Disk /dev/sdb: 2000.4 GB, 2000397852160 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 243201, 合計 3907027055 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x817a829d

ディスク /dev/sdb は正常なパーティションテーブルを含んでいません

Disk /dev/sdc: 128.0 GB, 128035676160 bytes
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 15566, 合計 250069680 セクタ
Units = セクタ数 of 1 * 512 = 512 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O サイズ (最小 / 推奨): 512 バイト / 512 バイト
ディスク識別子: 0x00028447

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdc1 * 2048 234346495 117172224 83 Linux
/dev/sdc2 234348542 250068991 7860225 5 拡張領域
/dev/sdc5 234348544 250068991 7860224 82 Linux スワップ / Solaris
$

■S.M.A.R.T.機能の動作を確認し、稼働状態にする
S.M.A.R.T.の情報を取得してみます。S.M.A.R.T.の情報収集機能を使うか否かの設定は、HDD/SSD側にあり、Linuxの場合はsmartctlコマンドで操作します。

1)smartctlコマンドを実行して"Disabled"と応答
とりあえず、様子見でコマンドを実行してみます。
samrtctl -s on /dev/sdaを実行して"enable"にするよう促されました。

$ sudo smartctl -A /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-49-lowlatency] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

SMART Disabled. Use option -s with argument 'on' to enable it.
(override with '-T permissive' option)

2)S.M.A.R.T.を"enable"にする
smartctlでS.M.A.R.T.情報を読み取れるように設定します。

$ sudo smartctl -s on /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-49-lowlatency] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF ENABLE/DISABLE COMMANDS SECTION ===
SMART Enabled.

3)S.M.A.R.T.情報の機器情報を読みとる
smartctlでS.M.A.R.T.情報の機器情報を読みとります。
smartctl -iでディスクのハードウエア情報を表示することができます。
ハードディスクのメーカー、種類、シリアル番号、容量、通信仕様などが表示されています。以下の表示ではSATAのリンク種別(3G,6G)と現在のリンク速度(3G)が判ります。

$ sudo smartctl -i /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-49-lowlatency] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Western Digital Caviar Green (AF, SATA 6Gb/s)
Device Model: WDC WD20EARX-00PASB0
Serial Number: WD-WCAZAF410282
LU WWN Device Id: 5 0014ee 2072fe995
Firmware Version: 51.0AB51
User Capacity: 2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Sizes: 512 bytes logical, 4096 bytes physical
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS (minor revision not indicated)
SATA Version is: SATA 3.0, 6.0 Gb/s (current: 3.0 Gb/s)
Local Time is: Sun Apr 19 05:30:06 2015 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

4)S.M.A.R.T.情報の全部の情報を読み取る
smartctlでS.M.A.R.T.情報の全部の情報を読み取ります。
$ sudo smartctl -a /dev/sda
smartctl 6.2 2013-07-26 r3841 [x86_64-linux-3.13.0-49-lowlatency] (local build)
Copyright (C) 2002-13, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Western Digital Caviar Green (AF, SATA 6Gb/s)
Device Model: WDC WD20EARX-00PASB0
Serial Number: WD-WCAZAF410282
LU WWN Device Id: 5 0014ee 2072fe995
Firmware Version: 51.0AB51
User Capacity: 2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Sizes: 512 bytes logical, 4096 bytes physical
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS (minor revision not indicated)
SATA Version is: SATA 3.0, 6.0 Gb/s (current: 3.0 Gb/s)
Local Time is: Sun Apr 19 14:35:53 2015 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

=== START OF READ SMART DATA SECTION ===
SMART overall-health self-assessment test result: PASSED

General SMART Values:
Offline data collection status: (0x82) Offline data collection activity
was completed without error.
Auto Offline Data Collection: Enabled.
Self-test execution status: ( 0) The previous self-test routine completed
without error or no self-test has ever
been run.
Total time to complete Offline
data collection: (37980) seconds.
Offline data collection
capabilities: (0x7b) SMART execute Offline immediate.
Auto Offline data collection on/off support.
Suspend Offline collection upon new
command.
Offline surface scan supported.
Self-test supported.
Conveyance Self-test supported.
Selective Self-test supported.
SMART capabilities: (0x0003) Saves SMART data before entering
power-saving mode.
Supports SMART auto save timer.
Error logging capability: (0x01) Error logging supported.
General Purpose Logging supported.
Short self-test routine
recommended polling time: ( 2) minutes.
Extended self-test routine
recommended polling time: ( 366) minutes.
Conveyance self-test routine
recommended polling time: ( 5) minutes.
SCT capabilities: (0x3035) SCT Status supported.
SCT Feature Control supported.
SCT Data Table supported.

SMART Attributes Data Structure revision number: 16
Vendor Specific SMART Attributes with Thresholds:
ID# ATTRIBUTE_NAME FLAG VALUE WORST THRESH TYPE UPDATED WHEN_FAILED RAW_VALUE
1 Raw_Read_Error_Rate 0x002f 200 200 051 Pre-fail Always - 0
3 Spin_Up_Time 0x0027 182 170 021 Pre-fail Always - 5900
4 Start_Stop_Count 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 30
5 Reallocated_Sector_Ct 0x0033 200 200 140 Pre-fail Always - 0
7 Seek_Error_Rate 0x002e 200 200 000 Old_age Always - 0
9 Power_On_Hours 0x0032 087 087 000 Old_age Always - 9832
10 Spin_Retry_Count 0x0032 100 253 000 Old_age Always - 0
11 Calibration_Retry_Count 0x0032 100 253 000 Old_age Always - 0
12 Power_Cycle_Count 0x0032 100 100 000 Old_age Always - 30
192 Power-Off_Retract_Count 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 22
193 Load_Cycle_Count 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 1356
194 Temperature_Celsius 0x0022 115 094 000 Old_age Always - 35
196 Reallocated_Event_Count 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 0
197 Current_Pending_Sector 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 0
198 Offline_Uncorrectable 0x0030 200 200 000 Old_age Offline - 0
199 UDMA_CRC_Error_Count 0x0032 200 200 000 Old_age Always - 0
200 Multi_Zone_Error_Rate 0x0008 200 200 000 Old_age Offline - 0

SMART Error Log Version: 1
No Errors Logged

SMART Self-test log structure revision number 1
No self-tests have been logged. [To run self-tests, use: smartctl -t]


SMART Selective self-test log data structure revision number 1
SPAN MIN_LBA MAX_LBA CURRENT_TEST_STATUS
1 0 0 Not_testing
2 0 0 Not_testing
3 0 0 Not_testing
4 0 0 Not_testing
5 0 0 Not_testing
Selective self-test flags (0x0):
After scanning selected spans, do NOT read-scan remainder of disk.
If Selective self-test is pending on power-up, resume after 0 minute delay.

以上です。
『OS』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月18日(土)のつぶやき | トップ | 4月19日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。