みんなに拍手

拓哉が大好き
SMAPが大好き
「この会場に来てくれた みんなに拍手ー!」
この声が また聞けますように☆☆☆☆☆

A LIFE 最終話

2017-03-20 14:58:41 | 拓哉
終わっちゃったね

アライフのキャッチコピー
【〇〇のために生きてきた】

この言葉 ピッタリ
登場人物すべての人に、この言葉が当てはまる
誰かが、誰かを救うために
その命を繋ぐために生きてきた、生きてる
そんな風に感じる物語だった

沖田が壮大に言った言葉
「人の気持ちなんて わかんねえよ。だからこそ理解しようとして 向き合うことが大事なんじゃねえの?」

そお、本当に奥深い人の気持ちはわからないことだらけ
でも
医者側の想いとか、患者側の想いとかに寄りそいたいという気持ちが伝わる物語でもあった

医療に携わる人達のツイを見て わかったけど
道具ひとつ、その行動ひとつ、現場が すごく忠実に描かれてたこと

もし自分が患者だったら、家族だったら
そんな風に接してもらえたら 声をかけてもらえたら、どんなに心強いか

「理解しようと向き合う」

そおゆうことなんだよね

深冬の手術に向かう沖田
             

壮大を待つ沖田
             

このシーンで鳥肌が立った

そして、深冬の手術をする沖田と壮大
壮大は冷静だった
脳外科医の姿として、凄さを感じた

最後の腫瘍を取り出した時
「取れたよ」…と、深冬に言った(…んだよね?)言葉が優しかったな

病室で目覚めた時に、ベットの横にいた壮大を見て泣きじゃくる深冬
深冬が伸ばす手にすがりつきながら涙を流す壮大

ここね、私も一緒に泣きました

これまで何度か深冬が涙を流すシーンがあったけど
泣き方がね、感情が すごく伝わってくるの
竹内結子、すごい!

みんな それぞれの道に向かって生きていくアライフ

アッという間の3ケ月だったね

沖田先生はシアトル
井川先生は留学

二人が海外で出会う
そんなシーンも交えながら その後のそれぞれのA LIVEが観たいな

沖田一光に、また会いたい

             
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« A LIFE 第9話 | トップ | 毎週月曜日 夜10時 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む