えつこのマンマダイアリー

♪東京の田舎でのスローライフ...病気とも仲良く...ありのままに、ユーモラスに......♪

クリスマスの輝き2016 ~イルミネーション&スウィーツ~

2016年12月24日 | 歳時記

「表参道ヒルズ」本館)

 

 今年も残すところ1週間となりましたね。東京では晴天に恵まれたクリスマスイヴを迎えています。
 風邪でブログ更新を休んでいたため、先月あちこちで撮った画像がたまりまくっています。記事にできないうちに年が明けそう…(^_^;

 ということで、先月末に撮った「表参道ヒルズ」のイルミネーションや、クリスマスに因んだスウィーツを紹介します。
 (★これより下の画像をクリックすると、大きい画像や別の画像が見られます。★別画像がある場合は、マウスオンするとその旨が表示されますが、ブラウザによっては読み込めない場合がありますm(__)m ★イルミネーションの画像は2016年11月28日に撮影しました。) 

 

 

 

  「表参道ヒルズ」のイルミネーション 

      

 生まれも育ちも東京という、一応東京っ子の私です&「表参道ヒルズ」は今年で10周年とのことですが、なんと、私は今年初めて訪れました。ヒルズのすぐそばに夫の用事があり、9月と11月について行ったのですが、その用事がなければ、まだ行っていなかったことでしょう。何せ、里山の自然をこよなく愛する私、都心にあまり足が向かないんですよね(^_^;

 Wikipediaによると、設計は安藤忠雄氏。約1kmにわたる青山通りのケヤキ並木の景観と、調和するように配慮されているようですね。
 また、千葉県民にも拘らず、私よりよほど東京に詳しそうな「緑には、東京しかない」さんのこのページによると…
 「表参道ヒルズ本館の建物の内部は地下から最上階にかけては広大な吹き抜け空間が広がっており、吹き抜けの壁面に沿って『スパイラルスロープ』と呼ばれている歩行者用通路が設けられています。スパイラルスロープの延長は700メートル、表参道の参道の長さとほぼ同じです。つまり、表参道ヒルズの建物の中にもう一つの『表参道』があるということになります。」
とのことですよ。興味深いですね。

 ヒルズ本館では、11月9日から明日25日まで、開業10周年にちなんだ「参加型のクリスマスツリー」というイルミネーションのパフォーマンスが行われています。詳しくはくだんのページをご覧ください。
 20分に1回披露される「Starry Sky」という約3分間の特別演出が、入館したときにたまたま始まったところだったので、写真を撮りました。
 「撮影禁止」マークが手すりにあることに気づかずに撮り、自宅に戻ってから気づきました。画像(↓)でもわかるように、1階フロアにガードマンがいましたが、他のお客も含め、誰も何も言われていなかったからです。
 因みに、くだんの「緑には、東京しかない」さんによると、「スロープの中は『この付近の撮影禁止』の貼紙がありましたが、これは手すりに寄りかかって撮影する際に謝って(※原文どおり)カメラを下に落としてしまった例が多発したらしく、手すりから離れた場所からの撮影ならば大丈夫だそうです」とあります。但し、この記述に誤りがあり、ウェブにアップすることに問題があるようなら、画像をすべて取り下げます。)
 

           
 吹抜け大階段の中央にある「スターツリー」は高さ10m。その上に吊り下がった10角の大きなスターオブジェが、キラキラと輝いていました。
 

    
 光の明暗や色や次々移り変わり…

      
        ハートマークが映し出されたり…

           
 くだんのオフィシャルサイトによると、このブース(↑)からツリーに向けて「スタースティック」を振ると、「Star Magic」(特別なイルミネーション)がスタートする仕掛けになっているようで、それが「参加型のクリスマスツリー」という演出の所以なのですね。今知りました(^_^; 「マジックは3種類あり、どの演出が見られるかはお楽しみ。めったに出ない『ミラクルマジック』では、吹抜け空間全体の星がすべて輝く豪華な演出を体感いただけます」だそうですよ。これから行かれる方、ぜひお試しください。

 こちらは、店内のごく一部の様子です。

    

 この3日後から、くだんのケヤキ並木のイルミネーションの点灯が始まりました。この日にはすでに飾りつけが完了していたようですが、本番を見られなくて残念です(^_^;

 

  クリスマススウィーツ 

 最近何度か紹介しているジム&カフェで見つけたスウィーツを2種類紹介します。

        
 (左端のチョコの詰め合わせは、私の母が孫である私の息子に送ってきたものです。もうすぐ31歳になるというのに…孫はいつまでも孫なんですね(^_^;
 さらに、後ろに置いた日めくりカレンダーは、安藤牧子氏の「北海道花物語」という毎年カレンダーです。)

 

        
 こちらは、イタリアでクリスマスからお正月にかけて食べられる伝統的なお菓子、「パネットーネ」こちらのリンク画像で添付チラシの解説を見ることができます)。これは「パネットーネ・ヴィルジニア 100g」。
 くだんのサイトより引用します:
     「パネットーネ酵母によって何度も発酵させたブリオッシュ生地には、
    干しぶどう・オレンジピール等のドライフルーツが入っており、
    芳醇なパネットーネの香りが楽しめます。
    
スプマンテ・コーヒー・紅茶によくあいます。軽く温めて、
    生クリーム・アイスクリーム・ティラミス・ザバイオーネ等を添えると
    より一層美味しくいただけます。
    イタリアではクリスマス当日だけでなく、前後に朝食やオヤツとして食べられています。」

 さしづめ、ドイツのシュトレンのイタリア版、といったところなのでしょうね。
 7分立て生クリームとともにいただきました。ケーキというよりはパンに近いです。シュトレンよりは、生地もドライフルーツの食感もかなり軽めですね。輸入品でなかったら、コスパとしてこの半額くらいで食べられる質のものでしょう(^_^;

             
 こちらは、カフェの店長の友人制作のアイシングクッキー。あまりの美しさに、見つけて即購入(#^.^#)  食べるのがもったいないようで、今日まで飾っていましたが、いただきました(*^▽^*) シナモン風味のジンジャークッキーでした。
 なお、アイシングクッキーの作り方をこちらのサイト(動画つき)で見ることができます。ご参考までに。

 

      

 

                         

 

  京王相模原線沿線のイルミネーションを紹介した過去記事や、クリスマスに因んだ過去記事があれこれあります。よろしければご参照ください。
   「クリスマスイルミネーション2014(1)」
   「クリスマスイルミネーション2014(2)」
   「ドイツの焼き菓子 ~アドベントに手作りシュトレン~」
   「手作りクリスマス ~アドベント・クランツ 2013~」
   「聖なる夜に ~ドライアイスで演出~」
   「ステンシルでティータイム ~Xmas~」   
   「我が家のXmasグッズ」
   

 

 みなさまにはこちらを…(上記画像と、「六本木ヒルズ」の壁紙用ネット画像を使ってコラージュしました)

     

           MERRY CHRISTMAS !!!

 

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラフト感覚のフラワーアレ... | トップ | 季節の挨拶 ~手作り&心づ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歳時記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。