えつこのマンマダイアリー

♪東京の田舎でのスローライフ...病気とも仲良く...ありのままに、ユーモラスに......♪

100均でクラフト ~夏のベリーリース~

2017年07月17日 | クラフト

 梅雨明け前から暑さにぐったり、げんなり…の日々でございます(^_^;

 初夏に作りながら、アップし損ねていたリースを紹介します。100均(Seria)のリース台に、ベリーや花のピックと葉物のピックを飾って作りました。Seriaは、柄折り紙の種類が豊富、また、アーティフィシャルフラワーが上品な色合いのものが多いという印象です。このベリーピックも葉物もシックなので気に入り、先日こちらの記事で紹介したアレンジのように、ついつい衝動買いして作ったというわけです(^_^; 
 (★これより下の画像をクリックすると、大きい画像や別の画像が見られます。★リンクに別画像がある場合は、マウスオンするとその旨が表示されますが、ブラウザによっては読み込めない場合がありますm(__)m)

 

 

 

 

ベリーピック3本・花のピック2本・葉物のピック2本をばらして飾ります。

   
 

それぞれのピックを房分けしました。

 
 

仮置きしてイメージしてから、実→花→葉の順にグルーガンで貼りつけていきます。
右回りの流れをつけるため、どれも花や葉の先を右回り向きになるように意識しました。

 
 
完成!
 
リース台が見えてしまっているので、もっと密に飾った方がよかったですね(^_^;
 
手許にあったユザワヤのタッセルや使い残しのリボンをつけてみました。
 
 
 

「上と何が違うの?」って? タッセルをリボンの上につけているか下につけているかの違いです(^_^;

あと、葉物を1本、輪の中に垂らしてみたのが上の画像です。垂らさない方がすっきりしてるかな。

  
 

お気づきになったかどうかわかりませんが、スペースを埋めるため、手許にあったオリーブの実を追加しています。こちらの過去記事で紹介したリースから外してとってあったものです。とっておくものですね(#^.^#)  物が増えて困るのですが…(^_^;

 
 
 リース台・ピック7本・タッセル、締めて1,000円弱の予算でした。 
 
 
 こちらはおまけ…
 
      
 ドイツの娘の自宅近くで見かけたスグリです。左はレッドカラントだと思いますが、右のは? リンク画像でわかりますが、これから色が変わるというわけではなさそうですよ(^_^; 透け感が美しいですね。
 
           
 ホテルの食事(朝食夕食共にバイキング付き@ラウンジでした)に必ず飾りで出されていたレッドカラントと食用ほおずき(ストロベリートマト)です。
 こちらのサイトによると、スグリが日本に最初に導入された(明治元年)のはドイツからだったようです。なんと、なんと…。
 このほおずきは、日本の観賞用のものより小ぶりで、周りは朱色ではありません。タネがなく、クセのない食べやすい味でした。日本でも最近たまにレストランで出てきますね。
【後日追記】(2017.8.28)
 この日のNHK「あさイチ」で、茨城県高萩市花貫(はなぬき)食用ほおずきが栽培・出荷されていることが紹介されていました。とてもデリケートな果物のようですね。贈答品もあるとのことです。詳しくは、くだんのサイトをご覧ください。
   
 
 
 いつものことですが、かなり脱線しましたm(__)m 
 
ジャンル:
100円均一
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の一品(152) ~豚スペ... | トップ | ご案内:稲城 平和を語り継ぐ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クラフト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。