えつこのマンマダイアリー

♪東京の田舎でのスローライフ...病気とも仲良く...ありのままに、ユーモラスに......♪

秋の北関東ドライブ(最終回) ~ブルーベリーの丘のオーベルジュ~

2016年11月11日 | 旅行

 

 先月下旬にドライブ旅行した群馬のガーデンを巡る旅特集の最終回です。今回は、宿泊したオーベルジュ(Auberge)と、他に観光した名所を紹介します。2日に亘り、群馬県館林市→栃木県佐野市→栃木県足利市→群馬県太田市と、両県の県境にある4市を反時計回りに巡ったのです。

 なお、前回記事:「秋の北関東ドライブ(2) ~「アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン」~」はこちらで見られます。

 レイアウト形式で紹介します。
 (★これより下の画像は、クリックすると大きい画像や別の画像が見られます。★別画像がある場合は、マウスオンするとその旨が表示されますが、ブラウザによっては読み込めない場合がありますm(__)m ★撮影日は2016年10月22・23日です。) 

 

 

 

「6月の森 オーベルジュ」


 「6月の森 オーベルジュ」は栃木県佐野市の唐沢山の中腹にあり、宿泊施設のあるレストラン、つまりオーベルジュです。眺望のよい、森と湖に囲まれた隠れ家的なホテル&レストランで、広大な斜面にブルーベリーファームハーブガーデンが広がり、結婚式のできるチャペルも備えています。
 かつては和風旅館だったそうですが、思い切ってチャペルを作り、洋風のオーベルジュに転身したとか。ジューンブライドが「6月の森」の名の由来だそうです。

 


 唐沢山を通る県道(115-141号)の途中で遠望した西側の眺め。佐野市の市街地と田園風景です。

 


 敷地内の最も高い場所にあるホテルの「別館 茶山亭」。かつての和風旅館の名残なのでしょうか…一軒家の100㎡余の居室に3間続きの和室があり(洋風に言うとsuite)、1日に1組(10名まで)しか泊まれません。
 リンク画像は、レストラン前から見上げて撮った画像です。

 


 ホテル横にある駐車場からの素晴らしい眺め。眼下にはチャペル前の芝生の広場と、遠景にはファームと近隣の里山が見えています。 

 


 ホテルから見えるレストラン(右上)とチャペル(下段)

 


 チャペルの中を見せてもらいました。

 


 県道(141号)から見渡したハーブガーデンとブルーベリーファーム。

 


 上の画像とは反対側から撮っています。左の遠景に見えている白い建物がチャペル。

 


 ブルーベリーはステビア農法で育てられており、6月~9月中旬にブルーベリー狩りが楽しめるそうです。また、ブルーベリーチーズケーキ・ジャム・ジュースなどもギフトショップで販売されています。この時季は静かなものですが、ブルーベリーの収穫時にはさぞ賑わうのでしょうね。

 


 ガーデン内に入りました。藤棚?もあります。

  


 初夏のハーブの最盛期は、もっと華やかなのだと思います。左下の実は、サンザシ(山査子)でしょうか?

 


 既述の湖。正確には農業用のため池?調整池?で(全然正確じゃない…(^_^;)、釣りは禁止されています。レストランから見下ろせるようです(オーベルジュに行ったというのに、レストランには入らなかったという私…?!)。

 


 居室内。周りが森なので、それはそれは静かでした。ペットも宿泊可能です。かつて、女優の吉永小百合さんが愛犬と一緒に宿泊したこともあるようです(写真が飾られていました)。

 


 中島千波(なかじまちなみ)氏の版画が掛けられていました。「おぶせミュージアム・中島千波館」で原画を観たことがあります。

 


 ゆったりとした浴室にはハーブミストがスイッチ1つで出てくる設備があり、まるでアロマのサウナのようでした(^_^)v ハーブガーデンで採られたローズマリーの束をバスタブに入れて楽しませてもらいましたが、実にフレッシュでシャープな香りに満たされ、身も心も癒されました(#^.^#)

 


 食事は居室に運ばれてきます。これが量の多いことと言ったら…w(☆o◎)w 品数が多いだけではなく、それぞれの器が大きく、料理の量が半端ではないのです。美味しかったのですが、夫ともども、とても食べ切れませんでした(^_^; 炊き込みご飯(上段右端)は、96歳というおばあちゃまが丹念に出汁をとって仕込まれたというものでした(そのおばあちゃまは手芸もなさり、その作品がギフトショップに並んでいましたw(☆o◎)w)。
 器も、海外生活の経験がある女将さん?が集められたご自慢の数々のようで、楽しませていただきました。
 「豆腐のとろろ蒸し」(最下段右端)を、後日真似て作ってみました。後刻別途紹介します。

 


 朝食の量も半端じゃありませんでした(^_^; 残ったご飯をおにぎりにしたかった…(^_^; 土鍋に入ったお味噌汁は、居室で温め直して供されました。栗の渋皮煮が抜群に美味しかったなぁ。

 


 チェックアウトのとき、サンザシ(山査子)のホットジュースをいただきました。ほどよい甘味と酸味で美味しいです。サンザシは漢方薬にも使われます。

 

 女将さん、お部屋係のM嬢さん、その節はお世話になりましたm(__)m 本当にゆったり静かに過ごすことができました。心のこもったおもてなしのお蔭で、久々の夫婦国内旅行が思い出深いものとなりました。お便りも拝受しましたよ。いつか、ブルーベリーとハーブの最盛時に再訪が叶うといいなぁと思います。いろいろありがとうございました&夕飯を残してしまってごめんなさいm(__)m 

 

<鑁阿寺>


 「鑁阿寺(ばんなじ)は、栃木県足利市にある真言宗大日派の本山で、「日本100名城」の1つだそうです。足利義兼が建立した本堂(左列下から2番目&最下段左から2番目)は国宝、足利氏宅跡(最下段 右から2番目)は国の史跡に指定されています。
 空を悠然と舞っているのは、たぶんアオサギです(上段右端)。

 


 

<渡良瀬川と渡良瀬橋>


 森高千里の歌「渡良瀬橋」で有名になった「渡良瀬川」と橋の横を通りました。

 

<「佐野プレミアムアウトレット」> 


 「佐野プレミアムアウトレット」に寄りましたが、何一つ買わずじまい…(^_^;

 

 こちらはおまけ…


 帰りにお茶した群馬県太田市のスウィーツカフェ「プルミエ」。食したのはバナナのキャラメルタルトだったっけな?

 

 3回にわたって紹介したシリーズは、これにておしまいです。長々とご高覧ありがとうございましたm(__)m

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テーマフォト ~亜芸術ギャ... | トップ | 本日の一品(149) ~豆腐の... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (6月の森 宮澤)
2016-12-24 18:06:17
この度はお越し頂き誠にありがとうございました。こんなに素敵な写真を撮って頂き感激しています。またぜひぜひお立ち寄りください。お待ちしております。
6月の森 宮澤さんへ:機会に恵まれますように… (takuetsu@管理人)
2016-12-24 19:30:04
まぁまぁ、6月の森の宮澤さん、ここを覗いていてくださったのですね。ありがとうございますm(__)m 親子以上に年が離れている宮澤さんにご覧いただき、こちらこそ嬉しいです(#^.^#)

そちらの森、ガーデンは、季節によって表情がだいぶ変わるのでしょうね。雪も積もるのかしら…。違う季節に訪れる機会ができればと願っております。

それまでお元気でご活躍くださいね。女将さんにもおばぁちゃまにもよろしくお伝えください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事