へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

キャベツの播種

2017年06月30日 | 日記
昨日、土砂降りの中で作業したからか、少し頭痛がする。
なので、本日は研修を休ませていただきました。

午前中タップリ寝て回復してきたので
時間もあるし、ブログでも更新するかと。

で、時間をさかのぼり一昨日のお話。

この日は、午前中は合同研修ということで、
みんなでキャベツの播種をしました。

品種比較のため、なんと17品種も播くそうです。
植え穴なんですが、これは植え穴というよりほんのちょっとくぼませる程度ですね。
少し離して2粒まき。


1カ所2粒播きです。


牛乳パックを利用した播種の仕方


種を播いたら赤玉土をタップリ覆土。

覆土を多めにするのは、キャベツの種子が光を嫌う嫌光性種子だからです。



有名なキャベツ産地の嬬恋村で播かれてる品種。青琳。


播種する前にも培土にはしっかり水を与えているが、覆土後にもタップリ水を与える。

水を与えるときの注意点としては、
基本的には均等に与えるんですが、気持ち端の方に少し多めに与えること。
なぜなら乾燥するときは、端から乾燥していくので。

水を与えたら、アウトドアで使うレスキューシートみたいな
太陽シートを掛けます。


太陽シート


太陽シートが足りなくて新聞紙で代用。

太陽シートを被せる理由は、保湿と直射日光により地温が上がるのを防ぐためだそうです。
このあと発芽するまでは水を与えません。

だいたい2日~3日で発芽するので、
早ければ2日目の夕方には太陽シートを取り除きます。

発芽した後は1日3回の水やりが必要になります。
なにせ、もう暑いですし、セルポットの水はすぐ乾きますので。

午後は、育苗培土を作ったり、
ハウスの除草・整地をして播種機でソルゴー播いたりしたんですが、詳細は次回ということで。

つづく



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニンジンの摘花など | トップ | 育苗培土作り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。