へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

キャベツの定植など

2017年04月21日 | 日記
こんばんは。

へなちょこおやじです。

いきなりですが、水稲って成長が早いですね。
種まきして6日でこんな感じです。


今朝(4/21)の様子


さて本日、午前中はC圃場にてレタスの定植準備です。

まず、レタスを定植する畝にⅠ型ぼかしを上からふりかけます。


Ⅰ型ぼかしは、米ぬかと籾殻、そしてEM培養液だけでできています。
栄養という点では、肥料というよりは堆肥にあたります。

完熟堆肥ではなく、もうちょっとで完熟するかなくらいの堆肥です。
当然、発酵分解が進むので熱がでます。
なので、定植する直前でなく、定植の1ヶ月以上前に施用します。

施用する目的は、土壌改良、畑の残渣の分解促進、苗の初期成長を促す栄養などです。

施用する量は、1㎡あたり0.44kg。
定植する面積は、1㎡×15mなので6.6kgとなります。
今回は7kgまきました。

その後キューホーで草取りしながら、軽くぼかしを混ぜます。

それが終わると次はハウスのビニール張りです。
風がほとんどなく、2度目で少しは要領がわかってきたこともあり、
思ったよりはやく終わり、余った時間にスイートコーンの脱粒をやりました。

午後も脱粒。3時半から講義で、今週の研修を終えました。



で、昨日はI圃場にてキャベツを定植しました。
この辺りは黒ぼく土で水はけがいいんですね。ここも畝をたてず平畝です。

まず一列づつメジャーで間隔を取りながら、ゼオライトで定植位置をマーキング。
列は50cmくらいの間隔で、株間は35cmの間隔です。



35cmだとわかりにくいので、まず70cm間隔でマーキング。
その後2つのマーキングの中間にもマーキングしていくと。

植えるキャベツは2種類で、一つは信州868というやつ。もう一つは忘れました(^^;)

キャベツ苗のセルポットは50穴。ナス、トマトの128穴に比べるとずいぶん大きい。
この大きめのセルで本葉4~5枚になるまで育てます。

ちなみに慣行農業だと、本葉2~3枚で定植するらしい。
小さくても化学肥料ですぐ大きくなるんだそうな。

定植する前にたっぷりの水と液肥を与える。
液肥は、フィッシュソリブルという有機認証のものを使ってます。念のため。

白いのはマーキング用のゼオライト

土は前日少し降ったので少し掘ると黒くぬれてる。
この状態であれば定植後すぐに水をやらなくてもいいそうな。

定植するときは、培土にも土をかけ、手で押さえて密着させます。


その際、葉っぱに土をかけてはいけません。
土が付くと病気になりやすいし、光合成もしにくくなります。

では、ちゃっちゃっとやっちゃいましょう。


慣れないと時間かかりますね。
一列25個で19列なのでトータルで475個。
今回7人でやったので早く終わりましたが、一人でやるとなると6時間以上はかかる計算。

プロの農家の人はもっと早いんでしょうが、
研修生はみんな素人なのでしょうがない。

キャベツは7月頭に収穫できるそうです。
また、7月下旬には2回目の定植をするそうです。

ということで明日から2連休。
まぁ、休みといっても苗の観察は行いますが…


つづく







『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲の浸種など | トップ | そば道場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。