へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

今日の研修

2017年05月18日 | 日記
今日はいい天気。
夏のような日差しで休憩のたびに水をがぶ飲みしてました。

育苗ハウスでは、春以来つけていた温床のサーモを切りました。
夜間の気温を16℃以下にしないよう設定していたんですが、もうその必要もないようです。


午前中の作業、まず一つ目は、アブラムシ対策に油を散布。
有機JASでも認可されてるものですのでご安心を。

葉面散布の場合は必ず裏面も散布します。
というか、むしろアブラムシは葉の裏面にいますので。
油が固まって膜ができ、アブラムシが窒息するというわけです。

それが終わって、2回目に播いたピーマンの鉢ずらしです。


葉が重ならないように間隔をあける。

その隣では、Sさんが接種試験のための接種をしておりました。
なんとウイルスがいる緑のあやしい液体を、ピーマンの葉面に塗りつけておりました。


緑のあやしい液体


葉面に塗りつけてます

塗りつけているウイルスは、キュウリモザイクウイルスというやつです。
このウイルスは、キュウリだけでなく、非常に多くの植物に寄生するやっかいなものだとか。

ウイルスに感染させて、発病しない品種を見つけるのが目的みたいです。
いわゆる耐病性品種をつくるためだとか。

その後、Dハウスと名付けられたハウスの草取り。
ハウスの中は草だらけ。


ハウスの中に生えているエン麦。これも引き抜きます。


草取りしてきれいにしたら、灌水。

乾燥してるのでたっぷり4時間以上水を染みこませます。
その後、今日はやりませんが、表面がかわいたら耕耘し、
ライ小麦を播種、育ったらすき込んで、そのあとにキュウリを定植する予定です。
ここのキュウリも接種試験用らしいです。

午後は、C圃場の草生帯の草取りをして今日の作業は終了です。
今日草取りして整地した畝には、近々トマトを定植するそうです。

と、1日のうちに色々な作業をしておりますが、
育種の仕事のピークである7月8月に向かって、
徐々に忙しくなってきているような気がします。

研修終了後、チャリで自分の畑に行き、草取りと、
カボチャとスイカ用の畝つくりを少しだけやりました。



写真手前の赤いベビーリーフのある畝も、カボチャとスイカの畝になります。


ということで、ベビーちゃんを少し収穫。

つづく











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンマーナイフ | トップ | 「あっ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。