へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

ライ麦の刈り取り

2017年06月17日 | 日記
本日は野菜コースにお邪魔しての作業です。

午前中はライ麦の刈り取りです。
ここのライ麦は去年の11月に播種したもので、
ちょうど7ヶ月目で刈り取りです。


ライ麦。


アップで。

刈り取りには「バインダー」という機械を使います。
ちなみに刈り取りのみのものを「バインダー」といい、
刈り取りと脱穀を同時にするものを「コンバイン」と言うそうです。


バインダーを軽トラに積み込んで。


ライ麦を刈り取ってます。


刈り取って結束までしてくれるんですよ。


結束するヒモをセットしてます。


刈り取り後の切り株。

ライ麦を栽培しているのは圃場の一部で、広さは大体2a弱。
刈り取ったライ麦の束数と重さを毎年記録しているそうです。
今年は、185束で、1束当たりの重量は1.66~1.94kgくらい。

畑には切り株が残ります。これを分解しやすくするために、まずボカシを播くと。
ボカシの量は、180~200kg/10aなので、畑の広さを2aとして、実際に撒くのは36~40kgですね。
ボカシを撒いたら耕耘してしばらく置きます。

その後、7月下旬にキャベツを定植する予定だそうです。
キャベツ定植後、今日刈り取ったライ麦を「ワラカッター」という機械で裁断し、マルチとして敷くそうです。
畑から出たものは畑に還元するというわけですな。

ただし、穂先は畑に入れません。
穂先の中の種(ライ麦)が発芽してキャベツの雑草になるからです。
なので、ライ麦の穂先部分は裁断して別の場所で堆肥として利用します。

作業が終了したら、使用したバインダを水洗いし、
カッター部分を動かしながらグリースを吹き付けて、そのあと倉庫に戻します。

午後は、大豆を播種した畑に鳥除け用のヒモを張りました。
何も張らない場合、ヒモ1本張った場合、ヒモ2本張った場合の3つを比較するそうです。
(写真を撮るのを忘れました(^^;))


その後は圃場周りを刈払機で草刈りして本日の作業終了です。

今日もいい汗かきました。

作業終了後に自分の畑のチェックです。
僕の畑もずいぶん賑わってきました。


手前から、スイカとカボチャ、ソバとササゲ、キュウリと空心菜と春菊、葉ネギ、トマト、落花生、トウモロコシ、枝豆

狭い畑に12品目がひしめき合っています(^o^)


つづく

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんとなく自家採種コースら... | トップ | 世界平和 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。