へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

稲の浸種など

2017年04月20日 | 日記
一昨日時間切れで書けなかった稲の話。

塩水選をして沈んだ種籾をよーく洗って塩を落とします。


洗い終わったら脱水機にかけて脱水します。

その後に浸種という行程になります。

ここでは12℃の水に6日間つけます。
その際、種籾には酸素を供給します。
いわば、熱帯魚の水槽でポンプで酸素を供給するような感じです。

こんな感じ。

12℃×6日間が終わったら、32℃のぬるま湯に浸けます。
冷たい水からいきなりぬるま湯に入れられて種籾もびっくりして?芽を出します。

ちなみに、この32℃のぬるま湯なんですが、実は、お酢入れてます。
ふつうのミツカンの穀物酢です。このお酢を50倍に薄めてぬるま湯にしてます。

と、ここまで書いて、これ以前に書いたような…

過去ブログ見てみたら「水稲の苗の播種」のところで書いてました。
一応載せときます。



発芽種籾の作り方。

種籾を一定温度の水に浸けます。
その際、水中ポンプで水を循環させ酸素を供給しなければなりません。
そのための「催芽機」という機械もあります。

積算温度は100℃だそうです。
まずは、12℃の水に6日間。これで72℃ですね。
その後28℃の水に1日。これで合計100℃になります。
28℃に加温した時いっせいに芽が出るんだそうな。

うまくやれば、胚乳(出芽までの栄養を蓄えている)部分がプクッと膨らみ、
白い芽がちょっと出ているハト胸状態になります。




この鳩胸状態の発芽種籾を播種するわけです。



播種したらこんな感じに並べます。

上の写真は5日前に種籾を播種した時のものですが、
翌日には早くも一部出芽したらしい(僕は見逃しましたが)

で、5日後の今日の様子がこれです。

あっ間違えました。

こちらです。


この後、液肥を播き、
水を浸してハウスの中をプール状態にするそうです。

浸す水は、今タンクの中でハウス内と同じ温度にされ、
酸素をボコボコと供給されてます。

写真では伝わりませんが、結構はげしくボコボコやってます。


話し変わってレタスですが、
二日前の4/18に2回目の間引きを行いました。

4/1に播種してからこんなに大きくなりました。


で、今日は一日 I 圃場にてキャベツの苗の定植をやりましたが
それは明日書くということで。

つづく










『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウモロコシの脱穀 | トップ | キャベツの定植など »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。