へなちょこおやじの自給自足入門

自給自足を目指しておそるおそる農業研修の門を叩いた俺。この先どうなることやら。ちょっと不安。

雨よけをつくる。

2017年06月15日 | 日記
梅雨だというのに雨も降らず、毎日暑い日が続いております。
昼間は暑いくせに、朝晩は寒くなるんですよね~。

作物にとっては、嫌な天候です。
というか異常気象だわ。

昼間せっせと光合成して貯めたエネルギーも、
朝晩の寒さから身を守るのに使っちゃって成長にまわせない。

ところが、こんな厳しい環境なのに今日はレタスの定植です。
梅雨の時期に定植する目的は、軟腐病(なんふびょう)などの高湿度で発病する病気に対する耐性をみるためとか。
でも今のところは、カラ梅雨で乾燥していますが。。。


レタスの苗を、まずドブッと水に浸します。


穴に定植していきます。株間は30cm。

別の圃場にも植えます。
こちらは地温を下げる目的で白マルチを張ってます。

移植コテでマルチに縦に切れ目を入れて手で広げます。
その際あまり広げないように注意します。

穴を掘って苗を植え、周りの土を寄せて圧着。
マルチの切れ目がかくれるくらいの土を被せる。


こんな感じ。


炎天下でこれだけ植えるとノドがカラカラ。


午後は、前に定植したレタスの畝に雨よけをつくりました。

先のカーブした支柱を2つ合わせてアーチをつくります。
1mおきにアーチを突き刺して、てっぺんと横に補強の支柱を金具で留めます。


こんな感じ。

ハウス用のビニールを張り、補強のためにヒモで押さえつけて完成です。
補強ヒモは、らせん杭で地面にしっかり固定されてます。


らせん杭。ビニールハウスの補強にも使うよ。


らせん杭を回しながら地中に埋め込む。


ビニールを貼り、ヒモで固定した状態。

トマトじゃなくレタスに雨よけって?と思われる方もいるかと思いますが、
高温多湿を嫌うレタス、特に玉レタスは雨に当たると腐敗病に犯されやすいんです。
だから玉レタスは雨よけ栽培がおすすめだそうです。

そのあとはピーマンとナスに灌水です。
雨の降る時期に降らないと余計な作業が増えて困ります。


つまり防止用フィルター。


灌水チューブ(細かい穴が空いてます)


灌水中。霧雨(シャワー)が降り注いでます。


で、今日の作業は終了です。


つづく
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトの誘引など | トップ | なんとなく自家採種コースら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。