岩田拓郎のほっとTIME

俳句、白血病闘病記、地域活動、趣味の世界、
地域の話題などを綴ります。

闘病日記7/13(木)・・・病院の顔馴染み

2017-07-13 23:11:14 | 俳句
晴れ
今日は通院日。

6時に検温(36.1℃)、血圧(123/82)、体重(60.1㎏)でした。

朝食は、妻が作ってくれました。
パンと、味噌汁、ニンジンシリシリ、蒸し野菜でした。

7時過ぎに採血の受付をしてから、診察カードの受付をしたら、採血の順番が早くなりました。
8時20分頃採血し、点滴を一本してから診察を受けました。
次の、7月17日(月)は休みですので、18日に別の先生に診てもらうことになりました。

通院も度々となると、予約の曜日が一緒な顔ぶれは段々わかるようになります。話しかけたり、話し掛けられたりするようになりました。
やはり、ハプロの患者さんは、遠くから来られている人が多く、アパートを借りて通院されています。
入院中からの顔馴染みの人は、特に親近感があり気持ちが通ずる所が多くあります。
又、松江から来られている人にも声をかけて貰いました。

診察が終わってから点滴をもう二本してもらっている間に、食堂で昼食を済ませ、予約していた歯科で治療をし、その後点滴が終わって支払いをし、三時に薬局へ寄って、暑いので妻に迎えに来て貰いました。

帰ってから、午後の珈琲タイムにしました。
その後、少し休んでから夕食になりました。焼きそば、なすとピーマンの味噌炒め、豆腐の海老野菜あんかけでした。

夕食後、段ボールの片付けをしたり、明日、家に帰るのでその準備等をしました。

拙句です。

①真夏日の通院の度知己や富む
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 闘病日記7/12(水)・・・木槿 | トップ | 闘病日記7/14(金)・・・サ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL