たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大谷二刀流デビュー

2013-05-26 | ぶらり盛岡
プロ野球はセパ交流戦に入り、大谷君がプロ野球で二刀流デビューしました。これまで打者としては出場していましたが、23日のヤクルト戦は投手としてのデビューでした。最速157キロ、投球数86球のうち半分は150キロ以上だったとのことです。高校生だった昨年の岩手県大会で160キロを出した試合を私も見ましたが、素晴らしいですね。これから投手としての出場回数が増えると160キロを超える球数が数多く見られるのでしょうね。今日26日は阪神との試合で、阪神は藤浪君が先発のようですので打者大谷君との対決を見たいですね。こちらではこの対戦のテレビ放送がないようなので見られませんが。
昨年の岩手県大会での写真を載せますが、フォームは同じでしょうか。




第73回高校野球岩手県大会(2012.7.26)














********************************************************

啄木の歌 

 秋の月まどかに澄めばふるさとの発句の翁が軒し忍ばゆ

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その2)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上坊牧野の一本桜

2013-05-23 | ぶらり盛岡
上坊(うわぼう)牧野の一本桜   岩手県八幡平市松尾寄木

盛岡の桜は散ってしまい、盛岡近傍での満開の桜はここだけです。5月17日の早朝に訪れた時には“つぼみ”でしたが、22日は満開でした。小岩井農場の一本桜は全国的に知れ渡っておりますが、ここ上坊の一本桜も最近多くの人に知れわたり今日も品川ナンバーの車の人など多くの人が残雪の岩手山を背景にした一本桜を撮影していました。小岩井農場の一本桜の撮影場所は一か所なので同じ角度からの写真になりますが、上坊の一本桜はすべての角度から撮れるので楽しみです。去年は13日あたりが満開でしたので今年は10ほど遅れています。ここの桜はカスミザクラといい、満開から2~3日で散ってしまうということですので、次の日曜日まではもたないでしょう。



(2013.5.22)







盛岡からは東北自動車道西根I.C.の手前を左折し10kmほど進むと焼走り熔岩流があり、そこから200mに焼き走り温泉、さらに4kmほど進むと上坊牧野です。

焼走り熔岩流(やけはしりようがんりゅう)は、岩手県八幡平市にある、岩手山中腹から流出した溶岩流により形成された岩原である。国の特別天然記念物に指定されている。その面積は149.63ヘクタール、溶岩流の延長は約4キロメートルで、その中には散策路があり自由に見られます。なお、焼走り溶岩流が形成された火山活動の年代は300年ほど前といわれています。













溶岩流の中の散策路とは別の散策路がありその終点には、見晴らし台があり、ここからも溶岩流を見ることが出来ます。そこには当地を訪れた宮沢賢治による詩、「鎔岩流」の碑が建てられています。










  溶岩流     宮沢賢治

喪神のしろいかがみが
薬師火口のいただきにかかり
日かげになつた火山礫堆(れきたい)の中腹から
畏るべくかなしむべき砕塊熔岩(ブロツクレーバ)の黒
わたくしはさつきの柏や松の野原をよぎるときから
なにかあかるい曠原風の情調を
ばらばらにするやうなひどいけしきが
展かれるとはおもつてゐた
けれどもここは空気も深い淵になつてゐて
ごく強力な鬼神たちの棲みかだ
一ぴきの鳥さへも見えない
わたくしがあぶなくその一一の岩塊(ブロツク)をふみ
すこしの小高いところにのぼり
さらにつくづくとこの焼石のひろがりをみわたせば
雪を越えてきたつめたい風はみねから吹き
雲はあらはれてつぎからつぎと消え
いちいちの火山塊(ブロツク)の黒いかげ
貞享四年のちひさな噴火から
およそ二百三十五年のあひだに
空気のなかの酸素や炭酸瓦斯
これら清洌な試薬(しやく)によつて
どれくらゐの風化(ふうくわ)が行はれ
どんな植物が生えたかを
見ようとして私(わたし)の来たのに対し
それは恐ろしい二種の苔で答へた
その白つぽい厚いすぎごけの
表面がかさかさに乾いてゐるので
わたくしはまた麺麭ともかんがへ
ちやうどひるの食事をもたないとこから
ひじやうな饗応(きやうおう)ともかんずるのだが
(なぜならたべものといふものは
 それをみてよろこぶもので
 それからあとはたべるものだから)     
ここらでそんなかんがへは
あんまり僭越かもしれない
とにかくわたくしは荷物をおろし
灰いろの苔に靴やからだを埋め
一つの赤い苹果(りんご)をたべる
うるうるしながら苹果に噛みつけば
雪を越えてきたつめたい風はみねから吹き
野はらの白樺の葉は紅(べに)や金(キン)やせはしくゆすれ
北上山地はほのかな幾層の青い縞をつくる
  (あれがぼくのしやつだ
   青いリンネルの農民シヤツだ)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

為内の一本桜

2013-05-19 | ぶらり盛岡
為内の一本桜     岩手県八幡平市野駄9地割為内山

盛岡の桜は散り、八幡平市の方の桜が咲いています。
「ここ為内山には元村社伊那々伊澤神社があった。明治初期(1870年頃)熊野権現、秋葉天王、稲荷の三社を合ひしたが、ここは集落から離れ参拝にはきわめて不便であった。大正8年(1919年)野駄・小森の現在地に神社移転をきめ、社殿を新築して村社としての面目を一新したが、この地はやがて人々の記憶から薄れていった。しかし、一本だけ残された桜の木が丘の頂で長年の風雪に耐え大木になった。いつ植えられたかは詳かではないが、今ではみごとな花を咲かせ、人々を楽しませている。」
(平成21年3月18日   為内の一本桜を守る会)

このように小高い丘にどっしりと咲く一本桜で、かつては神社のあったところとのこと。神社移設の際、1本だけ残されたこの桜が毎年見事な花を咲かせ、人々の目を楽しませてくれています。いつ植えられたのかはわかっていないが、ご神木だったと考えられている。散り始めています。この場所は松尾八幡平ICから松尾総合支所方面に進むと、約2kmほどです。










八幡平市の平館駅には啄木歌碑があり、風雪にさらされ歌の文字も見えませんでしたが、最近整備したようで、きれいになっていました。







たはむれに母を背負ひて
そのあまり軽きに泣きて
三歩あゆまず

啄木
  父祖の地







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シバザクラ

2013-05-18 | ぶらり盛岡
岩手県雫石町の花工房「らら倶楽部」のシバザクラです。小岩井農場の「一本桜」は花芽が鳥に食われ満開時にはほとんど開花せず残念でしたが、小岩井農場から2kmほどのらら倶楽部のシバザクラはカーペットのように咲き誇り今が満開です。岩手山の残雪との調和が素晴らしいです。これから1週間ぐらいは見ころのようですので、ぜひ訪ねてみて下さい。






残雪の岩手山とシバザクラ(2013.5.17)


らら倶楽部は弘法桜から道路を挟んで向側になります。弘法桜は葉桜になっています。



弘法桜






********************************************************

啄木の歌 

 月夜よしいざと手をとり森をゆき野をゆき霧に行方わかなく

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その1)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米内浄水場の桜

2013-05-17 | ぶらり盛岡
米内浄水場のシダレザクラ   岩手県盛岡市上米内字中居49
盛岡市内の桜はほとんど散り、現在咲いているのは米内浄水場の桜だけになりました。米内浄水場のシダレザクラは盛岡市の名木として「保存樹木」に指定されております。昭和9年の盛岡市上水道を記念して、9本の桜が植えられたのが始まりで、樹齢90年になり、シダレザクラが咲き誇る花の下では約30本のヤエベニシダレザクラが咲いています。米内浄水場のシダレザクラは、純粋に花を見るために足を運ぶ人が多い桜の名所で、市内の桜が終わってから満開になるのが特徴、桜が咲く時期のみ敷地内が開放されており、今年は5月19日(日)まで開放されるようです。





米内浄水場












浄水場はJR上米内駅の向かい側になり、駅構内には宮澤賢治の歌碑が建っている。



JR上米内駅


宮澤賢治歌碑



燃えそめし 
アークライトは
黒雲の 
高洞山を 
むかひ立ちたり
宮沢賢治







コメント
この記事をはてなブックマークに追加