たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盛岡の旧町名(加賀野)

2011-12-29 | ぶらり盛岡
(15)加賀野(かがの)

盛岡のまちづくりは,慶長3年(1598)の盛岡城の築城にあわせ,お城を中心に城下町が開かれたことに始まる。盛岡城下の町人・職人街は江戸後期の文化9年(1812)に、「丁」の字を使い、これまでの23町から28丁に、また、文化11年(1814)に、武家屋敷街を明示する武家屋敷小路を定めて発展し、明治時代にいたっている。
加賀野地区にも多くの小路が設けられた。加賀野の地名は現在もつかわれており、中津川に架かる山賀橋から「上の橋」までの河南地区を指しており、国道4号線バイパスにある岩手大学付属中学を含んだ大きな地域です。加賀野の名前の由来は、はっきりしませんが、加賀の国に関係があるのでしょうか。野原が芝生で覆われている所を「かがの」ともいわれたそうです。これからいうと、加賀野は、もとは芝生地帯だったのでしょうか。加賀野と名の付いた小路は、加賀野中道、加賀野角子(すまこ)、加賀野久保田、外加賀野小路、加賀内小路、加賀野新小路、加賀野裏小路、などたくさんあります。








加賀という有徳の百姓が住んでいたことが由来ともいわれるが、柳田国男「地名の研究」の芝原・草原を意味する「カガ」が由来と考えられる。中津川から引水した桜川を堰となし、水田地帯になった。

天保4(1833)年以前から内加賀野小路と外加賀野小路に分かれ、その境は外堀であった。境には内加賀野御門(加賀野惣門)が置かれていた。江戸時代は侍町で、おもに御徒(おかち)と呼ばれる下級武士が住んでいた。
明治22(1889)年の市制施行の際には、加賀野新小路の一部、内加賀野小路は大字(おおあざ)志家に含まれ、外加賀野一体は、大字加賀野とされた。大正13(1924)年、加賀野耕地整理組合が設立され、約10万坪の住宅街を造成した。


内加賀野小路


町名由来の案内板のある川留稲荷神社境内







外加賀野小路




外加賀野小路





加賀野惣門跡表示



加賀野惣門は町人町の「紙町」のすぐ傍にあり、「紙町惣門」ともいわれ、ここより20mほど先にあったといわれています。




加賀野裏小路

中津川沿いには加賀野裏小路が造成され、明治以降は磧(かわら)町となり、石川啄木の「小天地(しょうてんち)」が発行されたのは、ここの武家屋敷の1つであった。




啄木が住んだ家の跡地の建物







加賀野の近くの天満宮の境内には、昭和8年に建立された、一対の狛犬があり、その阿形の狛犬には小天地(明治38年9月号)に発表された、次の歌が刻まれている。



阿形の狛犬



夏木立中の社の石馬も
汗する日なり
君をゆめみむ

啄木(小天地) 



また、吽形の狛犬には次の歌が刻まれている。



吽形の狛犬


松の風夜晝ひびきぬ
人訪はぬ山の祠の
石馬の耳に

啄木(一握の砂)



この歌は、岩手日報(明治41年11月3日)等に発表され、「一握の砂」に掲載されている。一握の砂では「夜昼ひびきぬ」になっているが、岩手日報では「ひる夜ひびきぬ」になっている。



岩手日報(明治41年11月3日)




この他、境内には、平成4年に建立された狐の石像の台座に刻まれた啄木短歌もあります。



狐像の台座の歌



苑古き
木の間に立てる石馬の
背をわが肩の月の影かな

啄木



この歌は、岩手日報(明治38年7月18日)に発表した随筆   閑天地「十一夜會の記」 にある。



巖手日報 明治38年7月18日





東文化小路


山賀橋と富士見橋の間に文化橋があり、内加賀野小路に続き東文化小路があった。



文化橋



東文化小路




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花巻温泉

2011-12-24 | 温泉
忘年会があり花巻温泉に行ってきた。岩手県花巻市には多くの温泉があり、花巻温泉郷と称し、花巻市の西部に位置する温泉を総称して呼んでいる。これは、 豊沢川沿いに沿う多数の温泉と、山を挟んで北側にある花巻温泉、台温泉を指している。特に、豊沢川沿いの湯は花巻南温泉峡と呼ばれています。豊沢川沿いの峡谷にあるため、温泉郷ではなく「温泉峡」を名乗っている。

(1)花巻温泉
花巻温泉は盛岡から南に30kmほどの所にあり、花巻ICから5分ほどですし、電車の方は、新幹線の新花巻駅、東北本線の花巻駅からはホテルの無料バスが運行されているようです。
花巻温泉はそれぞれ趣きのことなる、ホテル千秋閣、ホテル花巻、ホテル紅葉館、佳松園の4軒があり、ホテル千秋閣、ホテル花巻、ホテル紅葉館の建物は連絡通路でつながっており、湯めぐりはもちろん各ホテルのパブリックも自由に愉しむことが出来ます。


 
ホテル紅葉館



花巻温泉を流れる台川には釜淵の滝があり、高さ8.5m、幅30mの大きな岩の上を清流が幾筋にも別れ、滝壺に落ちていく。釜淵の滝周辺の森林は1周15分ほどの遊歩道になっている。 この遊歩道には与謝野寛・昌子の歌碑、巌谷小波の句碑が建立している。




釜淵の滝





与謝野寛・晶子の歌碑




山のあたままろき緑を重ねたるなかに音しぬ台川の水    与謝野寛

深山なるかじかに通ふ声もして岩にひろがる釜ふちの滝   与謝野晶子





句碑



大釜や滝が沸かせる水煙   巌谷小波


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉山区「山口金蔵」さん宅の啄木歌碑

2011-12-21 | 啄木歌碑
この歌碑は、盛岡市玉山区玉山の山口さんが、自分の庭に平成元年12月に建立したそうです。盛岡市玉山区にはたくさんの啄木歌碑が建立されていますが、統合前の旧玉山村にある啄木歌碑はこれだけのようです。なお、玉山村は、旧玉山村、日戸村、渋民村、下田村、川崎村、門前寺村、好摩村等と合併し玉山村になり、現在は盛岡市玉山区になっております。山口さんのお宅はだいぶ山に入ったところで、私が訪れた時は家族の皆さんで農作業をしてました。やさしいお父さんでした。









仂けど
仂けど
我が暮し
楽にならざり
じっと手を見る

啄木歌詩より



一握の砂には「はたらけど はたらけど猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざり ぢっと手を見る」となっています。この歌は、啄木歌ノート(明治43年7月26日)にあり、、東京朝日新聞(明治43年8月4日)に発表、一握の砂「我を愛する歌」に掲載されている。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北道(上り)岩手山S.A.の啄木歌碑

2011-12-16 | 啄木歌碑
大分寒くなり、盛岡の朝は氷点下になってきました。お正月やお盆には高速道路を利用して里帰りの人が多いですが、十分気をつけて運転しましょう。特に冬道は滑って危ないですから慎重な運転を心がけ、早めにサービスエリアで休息をとりましょう。サービスエリアにも啄木歌碑が建立しているところがあります。日本道路公団は、昭和から平成への改元にあたって、啄木と故郷のえにしを記念し、平成元年5月、東北自動車道上下線の岩手山サービスエリアに歌碑を建立しました。

東北道上り線岩手山サービスエリアの歌碑









神無月
岩手の山の
初雪の眉にせまりし朝を思ひぬ

啄木







石川啄木が深い悲しみを抱いて北海道へ移住したのは明治40年5月4日のことである。以後27歳で客死するまで二度と故郷に帰ることはなかった。しかし東京時代の啄木は岩手の山河を思い浮べ尽せぬ望郷の念を短歌に託し歌集『一握の砂』を編んだ。これが無二のものとして現代人の心を打つのである。
昭和から平成への改元にあたって日本道路公団は啄木と故郷のえにしを記念し、歌碑を建立して天才のおもかげを永く世に伝える。歌碑の歌は明治41年10月23日東京本郷森川町の下宿蓋平館別荘での作歌で、啄木自筆の原稿ノートより採録した。
                      平成元年4月20日 日本大学教授文学博士 岩城之徳



この歌は、明治41年啄木歌ノート(10月23日)、新渡戸仙岳宛手紙(明治41年10月26日)にあり、岩手日報(明治41年11月3日)「小春日」、明星(明治41年11月号(終刊号))に発表、一握の砂「秋風のこころよさに」に掲載している。




巖手日報 明治41年11月3日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡の旧町名(上田三小路)

2011-12-12 | ぶらり盛岡
上田三小路

上田三小路は、江戸時代、中下級の武家屋敷が集まっていた上田小路、与力小路、上田新小路の3つの町を総称したもので、前述の町人街の「長町」の北側にあり、長町に平行な小路です。








(12) 上田小路

梨木町から上田への道で、登り口に尼寺高源寺(こうげんじ)があったことから、当初は上田門前町と呼ばれていた。高源寺には、近世初頭に藩重臣の北秀愛(ひでちか)亡き後の奥方が尼となって入山、高源寺殿と呼ばれた。また、この寺の前の坂を高源寺坂とか、訛って「こうらひ」坂とも呼ぶようになった。この道路は夕顔瀬橋から上田通りを横切り、岩手県立中央病院前を通り、国道4号盛岡バイパスを横切り、北山トンネル、県営野球場前を通り、岩泉にぬける道路です。道路も狭く、朝晩は非常に込み合うこともあり、現在片側2車線に拡幅工事を行っている。







上田小路




(13)与力小路

岩手大学に沿う南側の道路で、盛岡高等農林学校当時の正門もこの道にある。




盛岡高等農林学校当時の正門


与力小路



写真の右側が岩手大学構内でまっすぐ進むと崖があり、その下に「上田三小路公民館」がある






上田三小路公民館




(14)上田新小路

嘉永5(1852)年に、城下の諸士屋敷が不足していた時にできた侍町である。この地は,明治35(1902)年、盛岡高等農林学校(現岩手大学農学部)が創立された際、大学構内に一部が編入された。盛岡高等農林学校では宮沢賢治も勉学に励んでいる。岩手大学植物園の樹木は、武家屋敷の庭園のたたずまいを伝え、石川啄木の妻節子の生誕の池も構内にある。



岩手大学構内にある上田新小路案内表示



大学構内植物園の上田新小路跡




岩手大学の旧正門を過ぎると右側に温室、左手に資料館がある。啄木の妻節子(旧姓堀合)の生家は、岩手県岩手郡上田村上田新小路11番地とされています。岩手大学の調査の結果、節子の生家は現在の農業資料館正面・温室前通路から温室を含む現広場の一画にあったとほぼ特定できました。



岩手大学旧正門



農学部資料館・温室



節子の生家には古井戸があり大正2年(1913)の写真を参考に、岩手大学では車井戸を平成20年(2008)に復元しました。井戸の復元に際し、井戸の安全のため御影石の蓋をし、その蓋に夫婦の、次の歌を刻んだ。なお、堀合一家は、節子生誕の3年6ヵ月後の明治23年(1890年)4月、上田新小路から新山小路に移っている。






温室と車井戸



ある日、ふと、やまひを忘れ、
牛の啼く真似をしてみぬー
妻子の留守に。

啄木  歌集「悲しき玩具」より


ひぐるまは焔吐くなる
我がうたにふと咲き出でし黄金花かな

節子  文芸雑誌「小天地」より




上田新小路は岩手大学構内を抜けると盛岡第一高等学校の正門前を通り上田組町にたどり着く。



上田新小路、左側の門が盛岡第一高等学校の正門



盛岡第一高等学校の構内にあ啄木歌碑


盛岡の中学校の
露台の
欄干に最一度我を倚らしめ

啄木






コメント
この記事をはてなブックマークに追加