たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盛岡の旧町名(十三日町)

2011-07-28 | ぶらり盛岡
(8)十三日町(じゅうさんにちまち)・餌差小路(えさしこうじ)

城下町盛岡は江戸時代の前期・中期には町名は「町」の字を使用していたが、江戸後期の文化9年(1812)には「丁」の字を使い、23町から28丁となって発展し、明治時代にいたっています。城下町盛岡では町の中心部を中津川が流れており、中津川の南側を河南地区、北側を河北地区と呼んでい。28丁の名前の町は次の通りです。

河南地区の丁(町)
仙北丁、青物丁、川原丁、鉈屋町、石(穀)丁、新石(穀)丁、馬町、十三日町、六日丁、呉服丁、生姜丁、肴丁八幡丁、葺手丁、紺屋丁、鍛冶丁、紙丁
ここで、十三日町と馬町の二つが町(まち)と呼ばれている。「うまちょう」と呼ぶより「うままち」の方がゴロが良いからなのでしょうか。

河北地区の丁(町)
本丁、油丁、大工丁、花屋丁、四ツ家丁、八日丁、三戸丁、長イ丁、材木丁、茅丁、山岸丁

また、文化11年(1814)には、武家屋敷街を明示する武家屋敷小路を定めている。
馬場小路、鷹匠小路、餌差小路、大清水、平山小路、帷子小路、日影門小路、仁王小路、上田小路、上田与力小路、大沢川原表、加賀野など



十三日町とは,毎月13日が市日であったことに由来。新山舟橋・穀町惣門・馬町に近く,旅人の出入りが多く,宿屋が繁昌した。十三日町に近い外堀の上には鐘楼が立ち,城下河北に時を知らせる「三戸町の時鐘」と並ぶ城下河南の時鐘があった。

十三日町に平行に餌差小路があり、餌差小路は文字通り御餌差が住んでいたことに由来。鷹の餌にする小鳥を捕獲・飼育する微禄の者が住んでいた。

また近くには鷹匠小路があり、鷹匠小路には,藩主が鷹狩りに使う鷹を調教する鷹匠が住んでいた。この鷹の必要な餌を調達するのが,御餌差の役であった。明治9(1876)年の明治天皇巡幸に際し菊池金吾邸が行在所(あんざいしょ)となったため,新たに肴町方面から通じる道が造られ,御幸新道(みゆきしんどう)と呼ばれた。明治14(1881)年にも行在所とされ,庭前の松を見馴れ松と命名されたが,明治17(1884)年の盛岡大火でこの松も焼失し,同19(1886)年に松樹を下賜されて植えたことから,賜松園(ししょうえん)と呼ぶようになった。現在は盛岡市杜陵老人福祉センターとなっている。このセンター前を通り餌差小路の方に進むと左側に国指定天然記念物の「シダレカツラ」がある。なお、十三日町の町名由来の案内板は現在撤去中です。






十三日町


十三日町



餌差小路



賜松園




賜松園の庭園




国指定天然記念物「シダレカツラ」


カツラの木の枝は、普通直立型の枝を生ずるが、シダレカツラの枝はいずれもしだれており、学術上珍奇な変種とみなされる。このシダレカツラは120年ほど前に盛岡市大ケ生の龍源寺から根分けして植栽されたものである。大正13年(1924)に国指定天然記念物になった。(案内板)




********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌  ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

  花ひとつさげて流れてまたあひて白くなりたる夕ぐれの夢
 
 
啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その26)

******************************************************************************













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十和田の啄木歌碑

2011-07-26 | 啄木歌碑
啄木は明治34年7月に十和田を訪れている。私も7月の十和田を訪れました。盛岡から東北自動車道、八戸自動車道、百石道路を通り十和田市に着いたのは11時半頃でしたので、昼食をとった後、奥入瀬渓流をへて、十和田湖畔休屋にある、十和田荘の門前に建立する啄木歌碑を訪れた。



十和田荘の看板に向かって右側に歌碑はあります








夕雲に丹櫂はあせぬ
湖ちかき草舎くさはら
人しづかなり

啄木



この歌は白蘋の名で盛岡中学校校友会雑誌(明治35年3月号)に掲載されている






歌碑説明
石川啄木は明治の文壇に斬新な作風をもって現れ、今もなお私どもの胸を打っております。私どもがここにかれの歌碑をたてることは、そのすぐれた文学を顕彰することの一環であります。かれが、明治三十四年七つき、中学四年生のとき、学友とともに十和田湖に遊ぶ途中、毛馬内の錦木塚の悲恋の伝説を取材し、かおり高い詩歌をのこしました。碑の歌の丹櫂(にずり)はその物語の、想うひとの戸口にたてかけた錦木の紅い塗り色のことです。この碑をたてるにあたり、地元の十和田町、休屋の方々なかにも中村秀三氏の絶大なるご尽力をいたゞいたこと歌の揮毫を氏の父君 湖畔開発功労者秀吉翁の、題字を県知事竹内俊吉氏のご行為により、また多くの啄木愛好者の浄財によったことを謝意をこめて刻むものです。  昭和48年8月26日 青森啄木会 川崎むつを



奥入瀬渓流















十和田荘から発荷峠をへて大湯温泉で一泊、翌日大湯環状列石を見、十和田ICから盛岡に戻った。








 

大湯環状列石は、秋田県鹿角市十和田大湯に所在する野中堂環状列石、万座環状列石の2つの環状列石を主体とする縄文時代後期(約4,000年前)の大規模な遺跡で、「集団墓」であるとともに、隣接する掘立柱建物や周囲から出土した祭祀の遺物などから、葬送儀礼や自然に対する畏敬の念を表す儀式を行った「祭祀施設」であったと考えられているようです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡・北上川ゴムボート川下り大会

2011-07-24 | ぶらり盛岡
第35回(平成23年7月24日)盛岡・北上川ゴムボート川下り大会 が盛岡の北に位置する四十四田ダムに800を超すゴムボートが集結し開催された。、国内で開催される川下りボートレース大会の中では、最大級の参加艇数を誇ります。四十四田ダム下流から8キロ下流の開運橋まで下っていくタイムレース部門と団体レース部門、自由に川下りを楽しめるフリーレース部門とパフォーマンス部門がありす。
















********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌 ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

  見ずや君そらを流れしうるはしの雲のゆくへの理想のみ国
 
 
啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その25)

**************************************************************************************



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋民小学校の啄木歌碑

2011-07-21 | 啄木歌碑
石川啄木の母校であり、代用教員時代に教鞭をとったこともある旧渋民尋常高等小学校は、国道4号線沿いにある愛宕神社脇にありましたが、現在は啄木公園の傍に移転・新築されました。歌碑は校門を入ると右側にあります。




渋民小学校


啄木歌碑




その昔
小学校の柾屋根に我が投げし鞠
いかにかなりけむ

啄木
(一握の砂)



この歌は明治43年啄木歌ノート(8月3日―4日)にある歌で、東京朝日新聞(明治43年8月14日)に発表、一握の砂「煙二」に掲載されている。


校門を入ると、左側には啄木作詩の校歌の碑があります。





渋民小学校の校歌

1. 春まだ浅く 月若き
生命の森 夜の香に
あくがれ出でて 我が魂の
夢むともなく 夢むれば
さ霧の彼方 そのかみの
希望は遠く たゆたいぬ

2. そびゆる山は 英傑の
跡を弔ふ 墓標
音なき河は 千歳に
香る名をこそ 流すらむ
此処は何処と 我問えば
汝が故郷と 月答ふ

3.雪をいただく 岩手山
名さえやさしき 姫神の
山の間を 流れゆく
千古の水の 北上に
心を洗い 身を清め
学の道に 進めかし



渋民小学校では現在も古賀政男の曲ではありませんが、この歌を校歌にしております。



啄木が入学した旧渋民尋常高等小学校は、明治17年(1884)、現在の国道4号線沿いにある愛宕神社脇に建設されました。この学校は石川啄木の母校であり、代用教員時代に教鞭をとったこともあるゆかりの校舎であり、現在、石川啄木記念館敷地内に移築保存されています。柾屋根造り、連子格子、囲炉裏のある溜まり場など明治前期の面影が残されております。なお、旧渋民尋常高等小学校は盛岡市指定文化財となっています。




旧渋民尋常高等小学校





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡の旧町名(馬町)

2011-07-19 | ぶらり盛岡
城下町盛岡では町の中心部を中津川が流れており、中津川を堺にし、中津川の南側を河南地区、中津川の北側を河北地区と呼んでいた。文化9年(1812)当時の町名は次の通り。

河南地区の丁(町)17
仙北丁、青物丁、鉈屋町、川原丁、石(穀)丁、新石(穀)丁、馬町、十三日町、六日丁、呉服丁、肴丁、 生姜丁、 八幡丁、葺手丁、紺屋丁、鍛冶丁、紙丁
ここで、十三日町と馬町の二つが町(まち)と呼ばれている。馬丁(うまちょう)と呼ぶより馬町(うままち)の方がゴロが良いからなのでしょうか。

河北地区の丁(町) 11
本丁、油丁、大工丁、花屋丁、八日丁、四ツ家丁、三戸丁、長イ丁、材木丁、茅丁、山岸丁


(7)馬町(うままち)

馬町は前述の穀町に平行な通りで、中津川の毘沙門橋に通じる。この通りの現在の町名は道路の南側は清水町、北側は肴町になっている。



町名由来案内板




寛永盛岡図に新馬苦労(ばくろう)丁とあり,万治元(1658)年に新馬町(しんうままち)と改めた。後に馬町と改め,さらに文化9(1812)年に馬喰(ばくろう)町と改められたとする説と,そのまま馬町とされたとする説がある。
馬の売買が行われていたことが由来。当町では万治元年に馬のせり市が行われており,宝永7(1710)年,藩命により駄馬の売買は当町のみで行われることとした。当初,馬市は,歳市として毎年12月の9日,19日,29日の3回開かれていた。
明治3年(1870),民部省養馬懸出張所が設置されたが,産馬事業の民有移管により,同14(1881)年,岩手県産馬事務所が創立された。同事務所が明治23(1890)年に改組して,盛岡産馬畜産組合が誕生する。馬町馬検場を中心とする馬市は,同45(1912)年まで行われ,その後,馬検場は新馬町(現松尾町)に移った。
文化9(1812)年の町方再編成のときに,馬町と十三日町が丁とならなかったのは呼びにくいためといわれる




町内会などでは今も馬町が使われている






馬頭観世音












馬頭観世音祭り(平成23年7月18日)

 

馬町には馬頭観世音があり、夏の馬頭観世音祭りは毎年7月18日-19日に行われている。今年の7月18日の盛岡は、日中の最高気温は33.8度で、これまでの最高気温でした。




********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌  ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

  夕照の紅きむらさき朱(あけ)の雲いろさまざまに思ひおもふ吾
 
 
啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その24)

***********************************************+++++++********++**********************





コメント
この記事をはてなブックマークに追加