たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盛岡の桜(4)

2011-04-29 | ぶらり盛岡
東北新幹線が東日本大地震以来50日ぶりに全線復旧し、今日29日から運行を始めました。盛岡の桜も運行に合わせ満開になってきました。今朝(29日)は小雨が降ってましたが、7時ころから晴れだし、日中は良い天気になるのでしょう。今朝の桜の状況は次のようです。




裁判所の石割桜





岩手公園の桜


岩手公園盛岡地方気象台の桜の標準木、通称「桜の馬場」の桜



岩手公園の啄木歌碑と桜





名須川町の報恩寺の桜

名須川町、愛宕町、北山は寺町と言われ隣り合っており、各お寺には綺麗な桜がたくさん咲いております。







盛岡中央公民館の桜







高松公園の桜



四十四田公園の桜


四十四田ダムは盛岡の北の方にあり、桜は2分咲きぐらいです。






********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌  ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

聖歌口にほゝゑみうたふ若き二人二十歳の秋の寂しさをいはず 

啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その10)

********************************************************************************




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森県野辺地「愛宕公園」の啄木歌碑

2011-04-28 | 啄木歌碑
啄木は野辺地に数回訪れているようで、明治37年9月29日には前田儀作宛てに次のような書簡を送っている。「・・・四時四十分尻内(今の八戸)を発しぬ。忘れがたきは、牧牛眠る草原を隔てゝ、淡霧罩めし下河湖上の暁光なり。途次野辺地駅に下りて、秋濤白鷗を浮ぶるの浜辺に、咲き残る浜茄子の紅の花を摘みつゝ、逍遙する事四時間。正午少しすぐる頃再び車中の人となりて二時青森に入りぬ」
野辺地の常光寺には父一禎の妻の兄であり、師僧でもある葛原対月がおりましたし、また、父一禎も寄寓しておりました。
この歌碑は啄木の50回忌にあたる1962(昭和37)年5月に建てられたようです。










潮かをる北の濱辺の
砂山のかの濱薔薇よ
今年も咲けるや

啄木
(一握の砂)



1月下旬に野辺地に向かいました。野辺地は八戸と青森の中間地点にあるので、八戸までは東北新幹線、八戸からは青い森鉄道で野辺地に行きました。野辺地駅の案内所で聞いたら1日数本しかはしらないバスが間もなく来るというので、それに乗って愛宕公園に向かいました。バスを降り公園の方に歩いていたら、たまたま野辺地役場の方にお会いし、公園は雪が深いので、案内してやるということで、案内いただきました。たしかに雪が深く私一人でしたら、歌碑まで行くのはできなかったでしょう。本当にありがとうございました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡の桜(3)

2011-04-27 | ぶらり盛岡
盛岡の桜といえば、盛岡地方裁判所の石割桜、岩手公園(盛岡城跡公園)、高松の池、米内浄水場、龍谷寺、法華寺、岩手大学構内、四十四田ダムの桜が挙げられます。石割桜のエドヒガン、龍谷寺のモリオカシダレは国の天然記念物に指定されており、天然記念物の桜は全国で37あるようですが、盛岡には2つもあります。また、法華寺のモリオカシダレは盛岡市指定の天然記念物です。このうち、現在(4月26日)咲いているのは裁判所の桜が8分咲き、岩手公園の桜は2分咲きぐらいです。新幹線が29日に全線開通し多くの人が来るのをジット待っているのでしょう。



盛岡地方裁判所の石割桜











岩手公園の桜

盛岡地方気象台の桜の標準木は岩手公園の「桜の馬場」にあり、4月20日に桜(ソメイヨシノ)の開花を宣言しています。



岩手公園の通称「桜の馬場」の桜



2分咲き?






********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌  ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

見ずや雲の朱(あけ)むらさきのうすれうすれやがて下りくる女神のとばり   

啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その9)

******************************************************************************







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青森市「合浦公園」の啄木歌碑

2011-04-26 | 啄木歌碑
サクラウイークに合わせ新幹線も29日から全線開通の見込みになりホットしてます。昨年12月に新幹線が青森まで開通したので、1月に青森まで乗ってみました。新青森駅は立派に出来てましたが、駅の周りにはまだ何も建ってませんでした。青森駅は新青森駅から離れているので、電車に乗り、5分ほどで着きました。啄木の歌碑のある合浦公園には駅からバスに乗り20分ほどかかったような気がします。
石川啄木が妹の光子と共に津軽海峡を渡ったのは、明治40年5月5日のことでした。啄木は故郷の渋民村で小学校の代用教員をしていたが、「石をもて追はるるごとく」故郷を離れて一家は離散し、妹を連れて、小樽の姉のもとに身を寄せるため北海道へ向かいました。故郷や家族を恋しく思い、前途への不安を抱えた辛い旅であったのでしょう。この時の船酔いで苦しそうな妹を回想し詠んだ一首がこの歌で、昭和31年5月4日、青森県啄木会によって、青森市合浦公園の海浜に建てられた。碑の文字は、啄木の妹、三浦光子本人により揮毫されています。









船に酔ひてやさしくなれる
いもうとの眼見ゆ
津軽の海を思へば

啄木
(一握の砂)  



歌碑の場所は公園の海側にあり、夏は海水浴でにぎわうようです。この日は寒い日で、公園には雪が積もっており大変でした。今回は青森市役所の公園河川課および青森市都市公園を管理している青い森グループの方に大変お世話になりました、ありがとうございました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡の桜(2)

2011-04-23 | ぶらり盛岡
今日は歯の治療の予約日なので、岩手医大の歯科医療センターに行って来ました。同センターは第一、第四土曜日の午前は開業しており、9時の予約でした。治療は10時頃終わったので、道路を挟んで向かい側にある盛岡地方裁判所の石割り桜を見に行きました。数人の方が写真を撮っていました、2日前よりは大分開花していました。つづいて200mほど離れた岩手公園に行き桜の開花状況をみましたが、2日前とあまり変わらず、開花しているのは数個でした。次に、岩手公園を出て近くの賢治清水を飲み、下の橋(しものはし)を渡って進み栃内病院前の桜を見ましたが、2日前より大分咲いておりました。2日前は近くにいかなかったので開花を見落としたのかも知れません。はやはり、ここの桜が盛岡では一番早く咲くようです。栃内医院の前を進んでいくと啄木・賢治青春館がありますが、手前にラーメンの美味しい"たかみや店”があるので、そこに入りました。11時15分頃でしたが、すでに多くに人が食べており、ちょっと待って食べることが出来ました。店を出る頃には行列が出来ていました。ここの店はラーメンが美味しいと評判の店です。盛岡に来たときには、訪ねてみてください。それでは、4月23日現在の盛岡の桜の写真を掲げます。


盛岡地方裁判所の石割桜









岩手公園の桜







栃内病院前の桜







********************************************************************

啄木の盛岡中学時代の歌  ≪爾伎多麻(にぎたま)明治34年9月号≫

たまはれのみこゑよほそき春の宵を花より出てゝ歌ねびる神   

啄木盛岡中学4年・16歳、友人と回覧雑誌「爾伎多麻」を発行、「翠江」名で30首(その8)

*************************************************************************************








コメント
この記事をはてなブックマークに追加