たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

盛岡のカキツバタ群落

2013-06-06 | ぶらり盛岡
カキツバタ群落    盛岡市山岸字大坪地内

岩手県指定文化財(天然記念物)の「山岸のカキツバタ群落」の花が咲いております。満開になると10,000個ほどの花が咲くそうです。まだ3分咲きぐらいですので6月8日(土)~9日(日)あたりが見ごろでしょう。この場所は国道4号線盛岡バイパスの北山トンネルをくぐり国道45号線の岩泉街道沿いにあり、北山トンネルから4kmほどの所です。盛岡駅からでしたらバスで松園営業所行きに乗り、終点の松園営業所で降り、歩いて5分ほどです。


















なお、6月8日(土)は盛岡の初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」の日です。彩り鮮やかな装束をまとった約100頭の馬コが、街中に鈴の音を響かせます。
毎年6月の第2土曜日、盛岡の隣村滝沢村の蒼前(そうぜん)神社から 盛岡八幡宮まで約13キロの道のりを約4時間かけて行進する盛岡の初夏を代表する祭りです。 100頭近くの馬が色とりどりに華やかに着飾り、鈴の音を響かせながら進む、馬が主役の珍しい行事です。1978年には,国から「無形の民俗文化財」に選ばれ、1996年には鈴の音が環境庁より「残したい日本の音風景百選」に選ばれました。
盛岡駅からでしたら、駅前も通りますが、旭橋をわたり材木町に行かれると良いでしょう。駅から歩いて10分ほどです。材木町には12時5分に着き、ここで20分ほど休みますので、写真撮影などもゆっくりできます。その後材木町を12時25分に発ち盛岡駅前を12時35分頃通り最後は盛岡八幡宮に13時30分に到着します。




開運橋を渡るチャグチャグ馬コ(2011.6.11)




********************************************************

啄木の歌 

 森ゆけば酒息すなる白髪の蝦夷(あいぬ)に逢ひぬ月の光に

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その4)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 啄木夫婦の歌碑 | トップ | チャグチャグ馬コ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ぶらり盛岡」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。