たかしの啄木歌碑礼賛

啄木の歌碑並びにぶらり旅等を掲載いたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チャグチャグ馬コ

2013-06-09 | ぶらり盛岡
鬼越蒼前神社    岩手県滝沢村鵜飼鬼越
毎年6月に行われる「蒼前様」を信仰とするお祭で、100頭ほどの馬が、滝沢村の蒼前神社から盛岡市の八幡宮まで13キロの道のりを行進するお祭です。馬のあでやかな飾り付けとたくさんの鈴が特徴で、歩くたびにチャグチャグと鳴る鈴の音が名称の由来といわれています。
もともと旧暦の5月5日に行われていましたが、農繁期と重なるため昭和33年から新暦の6月15日に、平成13年からは、6月の第2土曜日に開催されている。昭和53年には国の無形民俗文化財に認定され、平成8年には、馬の鈴の音が環境省の「残したい“日本の音風景100選”」に選定されている。
「蒼前」とは、諸説あるようですが、俗に遠い昔、東北地方に住んでいた病馬の治療や農耕技術の巧みな馬匹育成者の名前といわれており、鬼越の蒼前神社には農業の神・馬の守り神として男子騎馬像の蒼前様が祀られている。

2013年のチャグチャグ馬コは6月の第二土曜日にあたる昨日8日に行われました。盛岡の最高気温は27度まで上がり暑い日でしたが、どんよりとした気候で岩手山が顔を出さず、岩手山を背景にしたチャグ馬を撮れず残念でした。蒼前神社までは盛岡駅から5分間隔でシャトルバスが出ていましたので私もそれに乗って行きました。馬コは蒼前神社に集まり9時半に神社を出発、蒼前神社→夕顔瀬橋→材木町→旭橋→盛岡駅→開運橋を渡り市内中心部を通り八幡宮までの13kmの道のりです。



蒼前神社



蒼前神社での準備





いよいよ出発





夕顔瀬橋



材木町






旭橋



盛岡駅



開運橋





なお、宮澤賢治の「ちゃんがちゃがうまこ」の詩碑が賢治が学生時代に下宿した家の井戸水、賢治水の傍に建立されています。ここは中津川に架かる下の橋(しものはし)のすぐそばです。



下の橋から見た賢治水と賢治詩碑



賢治水と詩碑



賢治の詩





ちやんがちやがうまこ
        
宮 澤 賢 治   自 筆

夜明げには
まだ間あるのに
下のはし
ちやんがちゃがうまこ見さ出はたひと。

ほんのぴゃこ
夜明げがゞった雲のいろ
ちゃんがちゃがうまこ 橋渡て來る。

いしょけめに
ちゃがちゃがうまこはせでげば
夜明げの為が
泣くだぁぃよな氣もす。

下のはし
ちゃがちゃがうまこ見さ出はた
みんなのながさ
おどともまざり。

宮沢賢治詩碑建立実行委員会
平成十一年一月吉日









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛岡のカキツバタ群落

2013-06-06 | ぶらり盛岡
カキツバタ群落    盛岡市山岸字大坪地内

岩手県指定文化財(天然記念物)の「山岸のカキツバタ群落」の花が咲いております。満開になると10,000個ほどの花が咲くそうです。まだ3分咲きぐらいですので6月8日(土)~9日(日)あたりが見ごろでしょう。この場所は国道4号線盛岡バイパスの北山トンネルをくぐり国道45号線の岩泉街道沿いにあり、北山トンネルから4kmほどの所です。盛岡駅からでしたらバスで松園営業所行きに乗り、終点の松園営業所で降り、歩いて5分ほどです。


















なお、6月8日(土)は盛岡の初夏の風物詩「チャグチャグ馬コ」の日です。彩り鮮やかな装束をまとった約100頭の馬コが、街中に鈴の音を響かせます。
毎年6月の第2土曜日、盛岡の隣村滝沢村の蒼前(そうぜん)神社から 盛岡八幡宮まで約13キロの道のりを約4時間かけて行進する盛岡の初夏を代表する祭りです。 100頭近くの馬が色とりどりに華やかに着飾り、鈴の音を響かせながら進む、馬が主役の珍しい行事です。1978年には,国から「無形の民俗文化財」に選ばれ、1996年には鈴の音が環境庁より「残したい日本の音風景百選」に選ばれました。
盛岡駅からでしたら、駅前も通りますが、旭橋をわたり材木町に行かれると良いでしょう。駅から歩いて10分ほどです。材木町には12時5分に着き、ここで20分ほど休みますので、写真撮影などもゆっくりできます。その後材木町を12時25分に発ち盛岡駅前を12時35分頃通り最後は盛岡八幡宮に13時30分に到着します。




開運橋を渡るチャグチャグ馬コ(2011.6.11)




********************************************************

啄木の歌 

 森ゆけば酒息すなる白髪の蝦夷(あいぬ)に逢ひぬ月の光に

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その4)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

啄木夫婦の歌碑

2013-06-02 | ぶらり盛岡
盛岡の気温は株価の変動のように変化が大きく体調管理が大変です。各地ともそうなのかもしれませんが。
盛岡には啄木、節子の歌が並んで刻まれている歌碑が二つあります。一つは岩手大学構内にある植物園の歌碑です。
岩手大学植物園の一部に節子が生まれた家があったということがわかり、岩手大学では当時の井戸を復元し、井戸に蓋を設け、その蓋に啄木の歌、節子の歌を刻みました。




節子の井戸




ある日、ふと、やまひを忘れ、
牛の啼く真似をしてみぬー
妻子の留守に。
啄木  

ひぐるまは焔吐くなる
我がうたにふと咲き出でし黄金花かな
節子  




6月1日(土)は岩手大学の開学記念日ということで、ここ植物園で開学記念園遊会が行われ、アトラクションとして岩手大学マンドリンクラブの演奏が行われていました。



岩手大学資料館(植物園前)前での演奏会


留学生のゾルザヤさんの演奏



資料館の案内板




もう一つは岩山にある啄木夫婦の歌碑です。岩山は盛岡中心部から近いので高校生がクラブのランニングで来たり、早朝の散歩の方、山菜とりの方等多くの人が利用しています。展望台からは盛岡が一望できます。盛岡に来た時にはぜひ訪ねてみてください。




残雪の岩手山を望む歌碑





汽車の窓
はるかに北の故郷の
山見えくれば襟を正すも
石川啄木



光り淡く
こほろぎ啼きし夕より
秋の入り来とこの胸抱きぬ
石川節子
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤島のフジ

2013-06-01 | ぶらり旅
藤島のフジ  岩手県一戸町小鳥谷

一戸町は盛岡から国道4号線を北上すると60kmほどの所にある町です。案内板によると、藤島のフジは、別名ノダフジと呼ばれで、春から初夏にかけて、紫色の花をつけます。以前は、近くにあったカツラの樹に巻きついていましたが、重みでカツラの樹は折れてしまい、現在は鉄のヤグラで支えています。樹齢は数百年以上と推測され、高さ20m程の巨大で名実ともに日本一のフジです。天然記念物に指定された昭和13年には根周り3.3mほどありました。この地は、昔から仁昌寺という寺の境内にあたり、天正19年(1591)、九戸城主九戸政実が起こした乱で豊臣軍の蒲生氏郷軍が九戸方の姉帯城を攻撃するために陣をはった場所だとも伝えられています。当時は周囲三方に堀がめぐらされ、藤があたかも島のように見えた事から、「藤島」と呼ぶようになったといわれています。
















ここには藤島のフジの他に道路を挟んで一戸町指定の天然記念物「観音堂の藤」もあります。






向かって左側が「藤島のフジ」、右側が「観音堂の藤」




********************************************************

啄木の歌 

 野に立てば霧いと重し息ぐるし見えざる手ありわが心圧(お)す

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その3)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大谷二刀流デビュー

2013-05-26 | ぶらり盛岡
プロ野球はセパ交流戦に入り、大谷君がプロ野球で二刀流デビューしました。これまで打者としては出場していましたが、23日のヤクルト戦は投手としてのデビューでした。最速157キロ、投球数86球のうち半分は150キロ以上だったとのことです。高校生だった昨年の岩手県大会で160キロを出した試合を私も見ましたが、素晴らしいですね。これから投手としての出場回数が増えると160キロを超える球数が数多く見られるのでしょうね。今日26日は阪神との試合で、阪神は藤浪君が先発のようですので打者大谷君との対決を見たいですね。こちらではこの対戦のテレビ放送がないようなので見られませんが。
昨年の岩手県大会での写真を載せますが、フォームは同じでしょうか。




第73回高校野球岩手県大会(2012.7.26)














********************************************************

啄木の歌 

 秋の月まどかに澄めばふるさとの発句の翁が軒し忍ばゆ

匿名
 
小樽日報 明治40年10月15日号、『藻しほ草』の題で21首(その2)    

匿名で掲載されているが啄木の歌といわれている

 *********************************************************************
 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加