Frontier

生きてる限りは『フロンティアスピリット』で!いつまでも明るく元気に・・・よく歩き、よく眠り、そしてよく撮る毎日。

夏の大歩危

2017年07月17日 | Weblog

3連休最後、『海の日』だった。

高温注意情報が出ていて、朝から"暑い、暑い"という言葉が飛び交う。暑いのは当たり前だが、梅雨が明けていないためだろうか?余計に暑く感じ、肉体的には当然、精神的にもダウンだ。

この3連休、天気快晴で観光地はどこも大賑わいだったようだ。

という私たちも、海は止めて、"山"、夏の大歩危へと向かった。目的は単に『ざる蕎麦』を食べる事。

山あいの道はバイクツーリングや近県からのワンボックスや普通車がいつになく増えていた。

以前、紅葉見物でここを訪れた。夏は初。吉野川沿いの大峡谷のジオアートが広がっている。秋も素晴らしかったが、夏も格別だった。渓谷ではラフティングを楽しむ若者たちの元気な姿も見られた。

肝心の蕎麦は、前回も食べた『もみじ亭』の"ざるそば"

夏はこれに限る!

平家集落の古民家を広葉樹に囲まれるように移築したこの『もみじ亭』は、建築後200年が経過した梁や柱、木が大昔を連想させる。古民家の雰囲気の中での蕎麦は格別にうまかった。また高齢者の私たちには昭和の郷愁を感じさせてくれた。

入口付近には水車小屋。この日、待ち時間約1時間だったのだが、渓谷や木々の木漏れ日で"涼"をとっていると、あっという間に蕎麦の時間となった。

ざるそばだが、こんにゃくの刺身少々、豆腐一切れなどが付いていた。ごちそうさまでした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏越祭でJAZZ | トップ | 不安定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。