Frontier

生きてる限りは『フロンティアスピリット』で!いつまでも明るく元気に・・・よく歩き、よく眠り、そしてよく撮る毎日。

通称 ブラシの木

2017年05月16日 | Weblog

この花の名前は何というのかなっ?

大型スーパーの帰り道、裏道を通っていると、広い庭先にこの季節になると咲き始める花がある。

樹齢の長い木になると、多くの花を付け、辺り一帯を真紅に染める。
 

漸く木の名前が判明した。覚えやすい。

『ブラシの木』だ。 花槙(はなまき)ともカリステモンともいう。成長の様子を紹介する。
 

“季節の花300”というHPをゆっくり見ていて判った。それによると、オーストラリアが原産で明治中期に日本にやって来た。暖かい地方で咲くとのこと。

花の形が瓶を洗うブラシに似ている所から『ブラシの木』と言われるが、Callistemon(カリステモン)は、ギリシャ語のkallos(美しい)と stemon(雄しべ)が語源だという。

5月に入って赤い花(ブラシ)が目立つようになった。

季節の花300のHPによると、6月中旬までは花が付いているという。

6月といえば"梅雨"。沖縄・奄美地方はすでに梅雨に入ったが、今年の梅雨入りは早いのだろうか?それとも・・・・?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マダニが活動期に | トップ | もうすぐ満開・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。