Frontier

生きてる限りは『フロンティアスピリット』で!いつまでも明るく元気にチャレンジャー精神を忘れず・・・

太鼓祭り本番

2016年10月16日 | Weblog

四国三大祭りのひとつといわれる『新居浜太鼓祭り』が本格的に始まった。

けさは午前4時から、内宮神社階段を太鼓台が上る"かきあげ"が行われ、それぞれ地元の神社では"宮出し"が行われた。

もともとは豊年の秋に感謝して始まったという太鼓台、起源は平安、鎌倉時代に遡るとのこと。歴史の資料にあるのは江戸時代後期文政年間で、別子銅山の隆盛で市民の暮らしが豊かになった明治中期以降から現在のような大きさになって来たといわれている。(クリックで拡大)

金色の刺しゅうをした幕で飾りつけた豪華絢爛な太鼓台は高さが5mあまり、長さ12m、重さ約3トン。"かき夫(ふ)"と呼ばれる担ぎ手100人余りが台を支え、かき上げる。
  (クリックで拡大)

太鼓台約50台が市内を練り歩いたり、あす行われる"統一寄せ"と呼ばれる太鼓台集合・競演は勇壮そのもの。笛と太鼓の響きは会場を離れてしばらく耳から離れない。

太鼓祭りは18日まで行われ、昼も夜も市内は祭り一色だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本番前日 | トップ | 勇壮!かき比べ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。