気まぐれおばんの気まぐれ日記

夫との年金生活の日々・・・・
10年ほど休止していましたが
このたび再開しました。

これも断捨離のひとつのつもりで・・・・最後通告?

2017-06-17 | Weblog

今日は次男の嫁さんの誕生日です。

このブログで何度か嫁さんである**ちゃんのことを取り上げました。

心を開いてくれないのです。**ちゃんだけを責める気持ちはありません。

次男も次男です。(結婚するまではとてもやさしい息子でした。・・・

これって嫁さんのせいだと言っているかもしれませんが)

 

今日は**ちゃんの誕生日ですので誕生日メッセージをメールしました。

(去年もたまたま誕生日だったのに気が付いたのでメールしましたらとりあえずはお礼メールは届きました。

返信メールが来て驚いたほど無しのつぶての嫁です。品物を送ってもお礼メールが届かないくらい)

 

************************

**ちゃん
梅雨入りの季節になりました。
元気でしょうか?
誕生日おめでとう
一年早いですね。健やかな一年でありますように^_^
転居したとの事ですが住所教えてください。
それから、8月**日土曜日に**市の花火大会がありますが**さん(次男の嫁の実家)

ご両親達も一緒に見に来ませんか?もし、来れるようだったら枡席を申し込みます。

あ母さん達に相談してみて連絡ください。
そして宜しくお伝えください。

**************************


次男が結婚して7年経って今更という気もしないではないのですが

一度も両親を我が家へ招待したことがないのです。

 それがずっと気になっているのです。

私たちと次男の嫁・嫁一家と仲違いしているわけではありませんが気心が知れた仲ということもありません。

原因がわからない・・・といったのが正直な気持ちです。

 

昔、少なくとも私の年代が結婚する頃はお互いの親と結婚前には顔合わせ(結納など)をしたものでしたが

次男の場合は結婚式の前日に挙式のホテルで顔合わせして会食をしました。

その前に新郎側の親としてもっと早くにその機会を作るべきだったと思っています。

(長男の場合は(長男の)嫁が顔合わせ、結納、新居の下見などなどすべて段取りしてくれました)

 

5月に結婚したのでその年の夏の花火大会にでも招待すればよかったのですが

7月に私は乳がんの告知をされ頭が真っ白になりました。

手術で入院しているときに**ちゃんのお母さんが『見舞いに行きたい』と言われたそうですが

私はショックのあまり気持ちに余裕が持てずその時は『来てほしくない』とお断りしました。

手術後抗がん剤などフルコースで治療をして目安の5年目を迎える頃からそのことが無性に気になっていました。

 

ですから、花火大会に招待することで少しでも溝が埋まれればいいがと願っています。

しかし、恐らく来ないでしょう。

**ちゃんだけを責める気持ちはありません。

次男も次男です。

実は、去年、次男に花火大会のことで相談しましたが「聞いてみるけど・・・」でそれっきり。

そして、ことしGW前に息子が転居したと連絡してきました。住所はそのうちに・・・といってそれっきり

催促(住所教えて)しても無しのつぶて。

そんな経緯もあり**ちゃんにメールしました。(次男にはCCメールで)

 

そして、

**ちゃんより誕生日メッセージの返信がきましたが通り一遍のお礼文だけで

新住所の記載も花火大会招待の返答もありません。

再度、住所を知らせてほしいと返しましたが・・・・果たして。。。。。

 

随分長文になりましたが

今回の『花火大会の招待』で私たちの気持ちを伝えたことでこれ以上は追及しないことにしました。

次男、そして次男の嫁についてはこれ以上はなにも望むまい、期待はしない・・・・

養子に出した・・と今度こそ思うことにします。

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インターフェロン治療 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL