気まぐれおばんの気まぐれ日記

夫との年金生活の日々・・・・
暮らしでの出来事をテーマを決めずに
”気まぐれ”にアップしていきたいと思います。

50歳で富士登山

2017-07-13 | Weblog
お題「富士山に登ったことある?」に参加中!

お題「富士山に登ったことある?」に参加・・・・に投稿です。

 

私は関西生まれの関西育ちです。

富士山といえばやはりあこがれの山でした。

33歳の時に夫の転勤で関東に転居してきました。

関東とはいっても利根川沿いです。

空が澄んでいるときははるか彼方に富士山(らしき形)が見えます。

そして、機会があれば登ってみたいと思っていました。

再度の夫の転勤で神奈川に越しました。

ところが富士山はすぐ近くにあるのですが近くの山が邪魔して見えないほどの山間部

(ちょっとオーバー?)でした。

しかし、少し走るとやはり富士山は素晴らしいです。

神奈川にいる間に登ってみたいものだと思っていました。

私は独身時代は今で言うところの山ガールでした。

たまたま社宅に住んでいた人と話が合い2人で登ることにしました。

 

富士吉田(5合目)までは一緒に登った人のご主人が、

御殿場口(5合目)に夫が迎えに来てくれました。

(富士吉田5合目から登り砂走りを御殿場口に降りました。)

私が50歳、一緒に上った彼女は1周り以上若いので

ペースが遅く(私は登りが苦手)迷惑かけるのではととても不安でした。

 

午前4時半ごろから登り始めたのですが彼女はペースが速い速い。

私は彼女に申し訳ないと思いつつ私のペースでいくしかない

(途中でバテてしまって途中下山になったら逆に申し訳ないので)

ヒーヒーいいながらもなんとか登頂成功!!

 

登りで6時間~7時間くらいかかったと思います。

あとで話を聞くと私のペースでも特別遅い方ではなさそうでした。

私を追い越していった子供や若者たちで8合目過ぎで高山病にかかっている人を見かけました。

下りは名前の通り砂の中を駆け下りていくのでわたしは

とても快調に降りることができたのですが彼女は下りでバテバテでした。

富士山頂は瓦礫ばかりでとてもきれいとは言えませんが

『日本一の富士山』に登ったといういい思い出です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯の治療・・・メンテも大変... | トップ | 思いがけず次男たちと会う機... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紹介 (辻)
2017-07-18 03:13:19
言霊百神

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事