一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

天山 ……ムラサキセンブリが開花し、江里山地区のヒガンバナもそろそろ見頃……

2016年09月17日 | 天山・彦岳


台風が接近中で、
今日も午後から雨の予報だったので、
午前中が勝負と思い、
早朝より天山に登った。

予想通り、山頂には誰もいない。


いざ、花散策へ。


アキノキリンソウが美しく咲いていた。


オトギリソウもまだ所々に咲いている。


この花は、
一輪目は散り、
二輪目と、三輪目が開花していた。
四輪目ももうすぐ開花するだろう。


ホソバノヤマハハコは花が増えていた。


マツムシソウや、


キュウシュウコゴメグサもまだまだ頑張っている。


美しい~


トリカブトはかなり増えてきた。


もう誰でも見つけることができるだろう。


センブリもかなり開花してきた。


いいね~


そして、今日の目的、ムラサキセンブリ。
見つけました~


嬉しい~


真上からパチリ。


別の場所でも発見。


美しい~


誰もが普通に登山道で見ることができるようになるには、
もう少し時間がかかるだろう。
ムラサキセンブリのファンの皆さん、もう少し待ってね。


では、秘密の散歩道へ。


オタカラコウはたくさん咲いている。
咲き始めの株をパチリ。


なにかと気になるメハジキもパチリ。


ツルニンジンも各所で見かけた。


キバナアキギリも増えてきた。


アキチョウジはピークを迎え、たくさん目にするが、
よく見ると、色が美しい。


カワミドリや、


シロバナサクラタデも真っ盛り。


天山のアケボノソウの咲く場所は、
もう数十箇所も確認できた。


黒い点は星、
黄色い丸は月とのことだが、
普通は、黄色い丸は2つなのに、
3つのものを見っけ。


ほら。


マツカゼソウは終盤を迎えており、
かなり花が散っていた。


逢えそうで、なかなか逢えない花だ。


ツクシミカエリソウの群生地へ行ってみる。


いいね~


美しい~


レイジンソウもたくさん咲いている。


ツリフネソウとのコラボ。


白花のレイジンソウを発見。


天山のガガイモはまだ健在。


帰路、天山の麓にある江里山地区のヒガンバナを見に行った。


まだ6~7分咲き程度だが、
十分に美しい。


ゆっくりと、見て回る。




日本の美しき故郷という感じ。




梅の木がヒガンバナに埋まっていた。


こんな場所が近くにあることに感謝。


今日も「一日の王」になれました~

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『青空エール』 …土屋太... | トップ | 映画『怒り』 ……今年(2016... »