一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

作礼山 ……スミレの咲き乱れる林から、フデリンドウの咲く散歩道へ……

2017年04月19日 | 作礼山・897ピーク


この季節、
イチリンソウやニリンソウの咲く井原山など、
“花の名峰”と呼ばれる山々は大賑わいだ。
わが家から近い作礼山に行ってみると、
登山口の駐車場には一台の車もなかった。(笑)
無理もない。
さして珍しい花が咲くわけでもない山には、
誰もが見向きもしないのだ。
だが、静かな山歩きがしたい私には、
実に好都合であった。


木漏れ日の中を歩いて行く。


スミレの花が美しい。


今日も、“東展望岩”の方へ向かう。
新緑の葉は少なかったが、


林床には、スミレの花がびっしり。


嬉しくなる。


“東展望岩”に到着。


展望はまずまず。


天山もきれいに見える。


さらに登って行くと、


東峰の祠が見えてきた。


東峰に到着。


ここから見る天山も素敵だ。


西峰の方へ歩いて行く。


この道にも、スミレがたくさん。


西峰(作礼山山頂)に到着。


唐津湾方面は、やや霞んで見えた。


ここからは、私のお気に入りの散歩道へ。


この散歩道にも、スミレの花が密集して咲いている。


驚きの群生だ。


と、シュンランを発見。


嬉しい。


この後、沢沿いの道を歩く。


ヤブレガサがたくさん。


この周辺には、夏になれば、オオキツネノカミソリも咲く。


マルバコンロンソウも水辺にたくさん咲いていた。


可愛い花だ。


ホザキケマンや、


マルバスミレも咲き始めた。


この散歩道には、白くて大きなスミレの花が多い。




ツクシタニギキョウの群生地へ行ってみると、


ここも咲き始めていた。


美しく開いた花もあった。


真上から撮ると、違った花に見える。


フデリンドウも咲き始めていた。


嬉しくなる。


陽当たりの好い場所に、
美しく開いた花があった。


いいね~


この後、車で移動して、
“美しい村”(裏天山が見える)や、


“美しい滝”(なめ滝が大好き)を探し歩いた。


いいね~


長さ10mほどの、こんな滝も見つけた。


滝つぼも、


流れゆく沢も美しい。
これらは、誰も見向きもしない無名の滝なのだ。


わが家に近くに、
こんな美しい自然があることに感謝したい。


今日も「一日の王」になれました~

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『キングコング:髑髏島... | トップ | 映画『MERU/メルー』 ……山... »