一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

アクロス山 ……傍らに咲いていたアザミの花に感動する……

2017年05月20日 | その他・佐賀県外の山


先日、福岡まで、映画を見に行った。
(何を見たかは、後日に……)
少し早く着いたので、
久しぶりにアクロス山に登ってみることにした。

登山口より出発。


このように周回する予定。


ゆっくり登って行く。


「アクロス山へようこそ」


緑が多くて、


ここが博多・天神であることを忘れる。


いいね~


少し離れて見たアクロス山は緑一色であったが、
山の中に入ってみると、いろんな花が咲いていた。






中でも感動したのは、
傍らに咲いていたアザミの花。


アクロス山の木々は植栽されたものであるが、
草は自然のなせる業であろう。
アザミは、綿毛(冠毛)の着いた果実が風で飛散して増えるので、
風に乗ってどこからかやってきたものであるに違いない。
都会のど真ん中で見るアザミは、殊の外美しい。


緑の間から見える人工物が、
ここがビル街の山であることを思い出させる。




山頂直下に到着。


この日は平日だったので、山頂には立てず。


山頂直下からの眺め。


ゆっくり下って行く。


下山道でも、いろんな花を楽しむことができた。








アジサイの花も待機中であった。


緑と花を存分に楽しんで、


アクロス山の登山を終えた。


アクロス山の正面は見たことがある人も、


側面はあまり見たことがないのではないか……


緑こそないものの、
側面から見ても、山なのである。


ねっ。


こちらから見ると、まさに鋭鋒。
今日も「一日の王」になれました~
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登吾留山 ……シライトソウや... | トップ | 天山 ……ミヤマキリシマが咲... »