一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

金立山・444ピーク ……しばらくぶりの“幸せロード”は、美しい雪の道だった……

2017年01月25日 | 金立山


佐賀市内へ行く用事があったので、
ついでに金立山へ登ることにした。
金立山へは、約1ヶ月半前の2016年12月11日に登ったばかりだが、
その時は紅葉登山だったので、東南尾根を登った。
今日は、短時間で登れる“幸せロード”にしようと思う。
「后ヶ浦ルート」から登り、
登頂後は、「東尾根ルート」を下る。
このルートは、
2015年11月22日以来なので、1年2ヶ月ぶりとなる。

「后ヶ浦ルート登山口」と「東尾根ルート登山口」の中間にある駐車スペースに車を駐める。


ここに雪があったので、ビックリ。


9:16
車を駐めた所から200mほど下り、
ここから登り始める。




いきなりの急登。
Sさん達が設置して下さったロープが有難い。


しばらく登ると、「私のお気に入り①」の場所に出る。
日本庭園のように美しい場所だ。


そこから少し登ると、
私が勝手に「とうふ岩」と名付けた場所に着く。


ここの左側が切り拓かれて、展望が良くなっていた。


さらに登ると、


また眺めの良い場所があった。


いいね~


自然林の美しい登山道が続く。






この先の左側が、また切り拓かれていた。


なんて素晴らしい眺めなんだろう。
かなたに多良山系の山々が見える。


ここから少し歩いたら、「私のお気に入り②」の場所がある。
「后ヶ浦ルート」で最も美しい道だ。


距離は短いが、ここを歩くと、本当に幸せな気持ちになる。


私が勝手に名付けた「馬の背」を通過し、


最後の急坂を登ると、


右側に眺めの良い場所がある。


いいね~


ここを過ぎると、
すぐに東尾根ルートと出合う。
10:01
東尾根に出てビックリ。
雪がまだかなり残っていたからだ。


この分岐にはベンチがあるが、
名前が付けられていた。


「后(きさき)のベンチ」。
「后ヶ浦ルート」との合流点にあるから「后のベンチ」だと思うが、
まるで貴女の為のベンチのような……


ぜひぜひ。


美しい雪道を、山頂の方へしばらく歩くと、


10:07
444ピークに着く。


“幸せロード”の中の444(しあわせ)ピーク。






そこからまたしばらく歩くと、


10:12
「私のお気に入り③」の場所に着く。


ここに設置されているベンチを見るのは初めてだ。
Sさん達が設置して下さったのだろう。
有難い。


「天空のベンチ」と名付けられていた。


その名の通り、素晴らしいロケーション。


こんな風景を独り占め。


印象的な形をした枯れ木も健在。


しばらく眺めを楽しんだ後、
山頂に向けて出発。
楽しい雪道を歩いて行く。


山頂直下の鳥居が見えてきた。


10:27
金立山山頂(501.8m)に到着。
登山者が一人おられた。






いつも弁当を食べる場所は、雪に覆われていた。


さあ、戻ろう。


10:46
444ピーク通過。

10:49
「后ヶ浦ルート」との分岐を通過。
「東尾根」を下って行く。

「幸せのベンチ」が見えてきた。


ゆっくり近づいて行く。


もうすぐ。


10:52
着いた~
「私のお気に入り④」の場所。
1年2ヶ月ぶりの「幸せのベンチ」。


しばし素晴らしい眺めを楽しむ。
いいね~


よく整備された道を下って行く。


東尾根ルートも素晴らしい道だ。


11:10
「幸せの坊主岩」を通過。


11:17
「東尾根ルート登山口」に到着。


「幸せの石清水」で喉を潤し、
車を駐めた場所に戻ってきた。


自然林の美しい登山道を歩き。
思いがけず美しい雪の道も歩くことができた。
“幸せロード”で、「幸せ」をたくさん戴いた。
今日も「一日の王」になれました~

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『沈黙 -サイレンス-』... | トップ | 両子山(366m)・牛尾山(96m... »