一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

登吾留山 ……シライトソウやサイハイランの群れ咲く森へ……

2017年05月17日 | 登吾留山


佐賀県内の登吾留山には、
毎年、シライトソウを見に行っている。
で、今年も行ってみることにした。


まず迎えてくれたのは、サイハイラン。


この登吾留山の森は、サイハイランの森でもある。


開花には、もう少し時間が必要な感じであった。


いよいよシライトソウの森へ。
この白い点々、全部シライトソウ。


この辺りは咲き始めの花が多かったが、


こちらは、美しく開花していた。


いいね~


完璧なツインのシライトソウ。


縦でもパチリ。
美しい~


くじゅうなどでは、草原に咲いているイメージのシライトソウ。
このように森の中に咲いているのは、案外珍しいのではないだろうか?


美しいシライトソウを求めて、森の中を彷徨う。






これほど群れ咲いているシライトソウの森を他に知らない。




このシライトソウは、長さが10cm以上あった。


いいね~


さらに森の奥へ。


楽しくて仕方がない。




今日、シライトソウの森へ来て、本当に良かった。


これから全開する花もあるので、
もうしばらくは楽しめるであろう。


今日も「一日の王」になれました~

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『帝一の國』 ……永井聡... | トップ | アクロス山 ……傍らに咲いて... »