一日の王

「背には嚢、手には杖。一日の王が出発する」尾崎喜八

映画 『ハッピーフライト』 ……飛行機と空港のトリビアがいっぱい!……

2008年11月27日 | 映画
10月から11月初旬にかて、映画館で映画を見るたびに、この『ハッピーフライト』の予告編を見せられていた。
この予告編を見る限り、『ハッピーフライト』は、それほど面白い作品とは思えなかった。
まず、出演者が地味だと思った。
人気女優の綾瀬はるかは別として、田辺誠一、時任三郎、寺島しのぶ、田畑智子など、ちょっと地味過ぎやしないかと、余計な心配をしたくなるほど……。


それに、なんだか、おちゃらけた雰囲気だけが伝わってきて、上滑りしているコミカルな演技ばかりが強調されていたので、「大丈夫なのか、この作品」と思っていた。


しかし……この映画の監督は、『ウォーターボーイズ』(2001年)や『スウィングガールズ』(2004年)でお馴染みの矢口史靖である。
(きっと)面白い筈なのだ。
それでも予告編の悪印象が頭に残っていて、見に行くのに勇気が必要だった。(ちょっと大袈裟?)
で、今日、見に行ってきた。
見た感想を一言で言えば、意外に「面白かった!」。
さすが矢口史靖監督!
最初は、綾瀬はるか演ずる新人CAが巻き起こす騒動を、面白おかしく映画にしたものだと思っていた。


ところが、ぜんぜん違っていた。
誰が主演かと訊かれれば、ポスターに写っている綾瀬はるかと田辺誠一かな……と答えるしかないが、この作品はむしろ群像劇と言えるもので、2人だけが飛び抜けて出演場面が多いわけではなかった。
飛行機・空港の裏側でどんなことが起きているのか、ユーモアを交えながら映画にしたのが本作なのだ。
CA、パイロット、グランドスタッフ、整備士、OCCや管制塔で働く人々、乗客、見学者……など、すべての登場人物が主人公と言えるかもしれない。


あとから調べたのだが、脚本も担当した矢口史靖監督は、航空関係者100人以上に取材し、飛行機オタクにも負けないほどの知識を得て、そのトリビアをこの作品の中にうまく活かしている。
そして、見る者に驚きを与えてくれる。
例えば……
●管制官は国土交通省所属の公務員なので、航空会社とは規定が違うから私服でOK
●食中毒などを避けるため、パイロット同士で同じ食事は食べない
●パイロットは、2人のうち1人がコックピットを離れたら、残った一人は緊急時に備えて酸素マスクを着用する
●整備場では、たとえペン1本でも紛失したら、大事故につながる恐れがあるので、出てくるまで探す。
●飛行機に鳥が衝突しないように見張るバードパトロールという職がある。
などなど……。

知らないことを知る喜びと同時に、それぞれの役を演じている俳優の演技にも感心した。
OCC(オペレーション・コントロール・センター)で、パソコンが苦手で最新ソフトについていけないオペレーション・ディレクターを演ずる岸部一徳。
この俳優は、数多くの映画で見かけるが、どの作品でも見事に役になりきっていて、いつも驚かされる。
飄々とした演技に好感がもてる。
私の大好きな男優だ。
「岸部一徳は、昔、人気グループサウンズ【タイガース】でサリーって呼ばれてたんだ」
と娘に話すと、娘はまったく信じてくれない。


チーフ・パーサー役の寺島しのぶ。
『赤目四十八瀧心中未遂』や『愛の流刑地』などで妖艶な女というイメージだが、ここでは厳しさで有名なチーフ・パーサーを好演していた。


グランドスタッフ役の田畑智子も良かった。
今年5月に見た映画『アフタースクール』にも出ていたが、その時私は、
「この女優、こんなにイイ女だったっけと思わせる一瞬がある。さすがだ」
とブログに書いたが、『ハッピーフライト』でも、ちょっとしたロマンスを演じていて、なかなか素敵だった。


吹石一恵は、新人CAを指導する中堅CAをうまく演じていた。
この女優は、いつまでも新鮮さを失わず、見ていて飽きない。
最近では稀有な存在である。


その他では、
田畑智子と同じくグランドスタッフ役の平岩紙
この女優、なんだかフンワカした雰囲気があり、個性的で、強く印象に残った。

管制官役の宮田早苗
ちょっと東ちづる似のキリッとした表情が良かった。
この女優も強く印象に残った。

岸部一徳の部下のディスパッチャー役の肘井美佳
この映画で初めて見た女優だが、これから伸びていきそうな雰囲気を感じた。

この映画を見ている間、いろんな意味で面白くて、時間はアッと言う間に過ぎていった。
上映時間は、1時間43分。
正直、もっと長く見たいと思った。
こういう気分になることは、そうあるものではない。
『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』のノリがそのま空港までやってきた感じなので、こんな人たちに飛行機や空港を任せておいて大丈夫なのか……という声が聞こえてきそうだが、ここではそんな野暮は言うまい。
『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』と同じく、大いに楽しませてもらったので、私としては大満足である。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒髪山麓散策 ……不思議の森・... | トップ | 柏岳 ……柏姫伝説と1/fゆらぎ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かった (テル)
2008-11-28 22:32:49
『ハッピーフライト』は、面白かったですね。
三谷幸喜の『有頂天ホテル』にちょっと似ているような気もするけど、私としては『ハッピーフライト』の方が断然面白かった。
タクさんは、出演者が地味だと書いていたけど、それこそが矢口監督が狙ったキャスティングだったのでは?
群像劇なので、突出したキャラクターはいらなかったのだと思います。
人気のある、派手な目立つ俳優を使わずとも、面白い作品が作れるという自信が、矢口監督にはあったのだと思います。
賞レースには絡まないと思うけど、邦画界にはこういう作品がもっと増えて欲しいですね。
監督の手腕 (タク)
2008-11-29 05:23:08
テルさんへ

>『ハッピーフライト』は、面白かったですね。
>三谷幸喜の『有頂天ホテル』にちょっと似ているような気もするけど、私としては『ハッピーフライト』の方が断然面白かった。

私も三谷幸喜作品は、あまり面白いと感じたことがなくて、同感です。
ひとつの業種を徹底的に調べて映画にするという手法は、伊丹十三作品にも通じるものがありますが、矢口作品の方がより軽妙ですね。

>タクさんは、出演者が地味だと書いていたけど、それこそが矢口監督が狙ったキャスティングだったのでは?
>群像劇なので、突出したキャラクターはいらなかったのだと思います。
>人気のある、派手な目立つ俳優を使わずとも、面白い作品が作れるという自信が、矢口監督にはあったのだと思います。

そうですね。
予告編では地味と感じた俳優陣ですが、実際に映画を見てみると、そんなことはまったく感じませんでした。
むしろイキイキとして輝いていました。
矢口監督の手腕を感じましたね。

>賞レースには絡まないと思うけど、邦画界にはこういう作品がもっと増えて欲しいですね。

私もそう思います。
ベストセラー小説やケータイ小説を原作にした内容の薄い映画、どのくらい泣かせたかがバロメーターになるような映画など、安易に作られた映画が多すぎますね。
そんな中、矢口作品は貴重ですね。
次作にも期待したいですね。