森人 もりと

森では人も自然の一部となって、ゆっくり時間が流れていきます。

長雨

2017-06-19 | 日記


 梅雨が無いといってもこの時季は連日雨、そして曇り、また雨、そして曇り、忘れたころ
にやっと日が差す、こんなふうです。
 
 いちばん喜んでいるのは水面の植物です。夏に向かってどんどん成長しています。



 僅かな雨の止む間を使って、いきものたちは活動します。



 今年も野生の白菊がいっせいに開きました。
 しかし、この清々しい景色が見られるのも束の間、鉄道の人が来て全部刈り取ってしまい
ます。残念です。

 夏至もまじかの長雨の森です。


                                 動(yurugi)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨上がり | トップ | 夏待ち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL