おじぃの独り言

セミリタイアして第二の人生をエンジョイするおじぃの備忘録です。

勝浦温泉の窓口JR紀伊勝浦駅の名物駅弁

2017-03-20 06:05:36 | グルメ
勝浦温泉へのアプローチはJR紀伊勝浦駅になります。



駅前には小さなロータリーがあり、地方の町の風景です。



紀伊勝浦駅前にあ故郷を愛し続けた作家・詩人の佐藤春夫は、望郷詩人と称された『秋刀魚[さんま]の歌』の歌碑があります。大正10年(1921)に発表した代表作であり、旧国鉄紀勢線開通の1959年に建立されました。さんまの産地でもあったのですねぇ。



紀伊勝浦駅から大阪方面は、特急くろしで約3時間50分で到着です。



紀伊勝浦駅から名古屋方面のです。



特急南紀で約3時間55分です。



お待ちかねの駅弁は限定品で買えるところが限られています。『鮪ステーキ』、片栗粉をまぶして揚げ冷水洗浄後に味付けたというマグロステーキが3切れ、俵型白御飯が4つ、名産のめはり寿しがひとつ、卵焼き・エビ・蒲鉾などが加わります。



そして『さんま姿寿司』、キラキラと輝いた秋刀魚の切り身は肉厚でやわらかく、とてもおいしいものでした。



やはりお供は日本酒の『熊野三山』、世界遺産、熊野三山地域唯一の蔵元で、霊峰奥熊野に源を発し流れ出る熊野川の伏流水を汲み上げ、丹念に磨き上げた山田錦を用いて、丹精こめて醸す、伝統手造りの吟醸酒で爽やかなで飲みやすい日本酒です。



車窓からは紀伊の海を眺めて楽しめます。




ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村
『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生まぐろの水揚げ日本一の『... | トップ | 500人入れる大露天風呂の『わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL