おじぃの独り言

セミリタイアして第二の人生をエンジョイするおじぃの備忘録です。

全国熊野神社の総本営熊野三山『熊野本宮大社』

2017-03-30 05:33:46 | 旅行
熊野三山の中心で、全国に3000以上ある熊野神社の総本山『熊野本宮大社』は、2004年7月に世界遺産に登録されています。



入口の『一の鳥居』は俗界と神域の境界を表します。



一の鳥居をくぐると『158段の石段』の参道が待っています。石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。



石段を登りきると大注連縄(おおしめなわ)が掛かる『神門』が迎えてくれます。



神門をくぐると檜皮葺の立派な『熊野本宮大社』が姿をあらわします。向かって左手の『結宮』社殿が夫須美大神(ふすみのおおかみ)・速玉大神(はやたまのおおかみ)の両神。中央の『証誠殿』は主神の家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)。そして右手の『若宮』は天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られており、交通安全、大漁満足、家庭円満、夫婦和合、長寿の神として人々を迎え入れてきました。



社殿のまわりにある多羅葉(たらよう)のご神木の下に、黒い八咫烏ポストが設置されています。



八咫烏は、主祭神である家津美御子大神のお仕えです。日本を統一した神武天皇を、大和の橿原まで先導したという神武東征の故事に習い、導きの神として篤い信仰がある様です。



『熊野本宮大社』ではご婚礼などのイベントを行える社殿があります。



『熊野本宮大社』は、明治22年に熊野川の大洪水により流されて現在の場所にありまますが、それ以前は熊野川沿いの『大斎原(おおゆのはら)』にありました。今では高さ33mの大鳥居があり、熊野古道『中辺路』からも見えました。



JFA財団法人日本サッカー協会のマークは八咫烏ですが、熊野の八咫烏と関係があります。神武天皇の故事に習い、よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められていると考えられ、JFAの方や、日本代表サッカー選手たちが必勝祈願でご参拝されています。



熊野本宮大社の前の『和歌山県世界遺産センター』には、日本代表のグッズが展示されています。




ブログランキングに登録中です。ポチッとお願いします。
沖縄 ブログランキングへ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へにほんブログ村

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憧れの聖地へと続く祈りの道... | トップ | 朱塗りの社殿の熊野三山『熊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL