つぶやき

ジャズギタリスト北川拓のつぶやき。

2009年01月26日 | Weblog
夕映えの空に、ケヤキの裸木が影絵のように浮かびます。
竹ぼうきを逆さにした形にたとえられる、ケヤキの立ち姿の優雅さがきわだちます。
しなやかな線を描きながらこずえまで伸びてゆく、無数の枝々。
その一本一本が、冬の寒さに耐えているというより、どこまでも生きようとする張りつめた命の強さを感じさせます。
山の端に隠れてもなお西空を染める太陽の恵みを、余さず吸収しているかのように・・・。


ちょっといいでしょ?僕の文章じゃないんです。(笑)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加