高橋克典の“法律 だいすきになーれ+ひとり言α”・・・・・ まずは“宅建資格”から

法律系資格を取得しようとする場合、まず民法の勉強はかかせませんね。さらに、好きになって得点源にぜひしたいものです。

宅建試験1年間お疲れ様でした・・・。

2016-10-18 02:44:12 | ひとりごと・・・宅建関係
昨年の宅建士元年から、2回目となる今年は、数年前の傾向に戻ってしまうかのような感じを受けました。

これが第一印象です。

当然、どこも昨年のような難しさを予定していましたが、そうではありませんでした。

もちろん、難しさを求めると言っても、やることは基本的知識を覚え、過去問で実戦し、コツコツとやるだけです。

予想問題で、30点前後のかたをみていると、40点近く、またはオーバーの人がほとんどでした。

専門の方も、7割近くの合格率(35点とすると)、最高点では47点でした。40点以上が例年になく多いです。

もちろん、高い得点の受験生で共通するのは、やはり最後まで諦めず、粘り学習し、基本をチェックしていた人ばかりです。

特に、基本的な問題が多い試験のときには、重要です。

合格点に届かなかった受験生もいます。

もう少し時間が経ってから、きちんと総括してください。

そして、絶対に来年は美酒を味わいましょう。

では、また。

うかるぞ宅建士 最短25時間~最後の切り札~ (うかるぞ宅建士シリーズ)
高橋克典
週刊住宅新聞社


2016年版うかるぞ宅建士 直前予想問(模試4回分) (うかるぞ宅建士シリーズ)
高橋克典
週刊住宅新聞社


試験にうかる!!法律のカンタン思考術―宅建受験生必携
高橋 克典
住宅新報社

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村

資格(行政書士) ブログランキングへ

資格(宅地建物取引主任者) ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村



ジャンル:
受験
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受験おつかれさまでした ・・... | トップ | 今年の宅建本試験”不適切問題... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (理沙)
2016-10-18 23:03:54
宅建試験とは
暗記も大切ですが
やはり制度趣旨を理解してるかだと思いました
先生の25時間はそのエキスがあり、あれさえやりきれば49点まで間違いなく行けました(分析しました)確かに25時間でも受かりますね。
私は盆ミスをして44でしたけど
過去問をあまりやらなくても25時間を理解すれば余裕の合格できます。
完璧な本です!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。