YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

今度は右キャブからガソリン

2017年11月27日 20時07分54秒 | バイク

2017.11.27
増し締めしたのに、一晩おくと昨日よりくっきりガソリン跡。
左キャブのフロートボウル下のプラグスクリュボルト辺りを触っても濡れていない。
右キャブからの漏れが有っても車庫が左に少し傾斜しているのでガソリン漏れが有れば
この位置に流れて来る。




右キャブのフロートボウル下のプラグスクリュボルト辺りを触るとガソリンで濡れている。
タオルにプラグスクリュボルトの形でガソリン跡。
連結ホースの辺りを拭き取ってもガソリンは付かず、前日の連結ホース辺りのガソリン濡れは
走行風でフロート下部から巻き上がったものと思われる。



一晩置いた、ガソリン量を確認すると。



左キャブ30cc前日に比べて少し少ない程度。




右キャブ。




漏れたと思われる、20cc程で半減している。




プラグスクリュボルトのワッシャーが交換レベルで段付きが有る。




左右ワッシャーを紙やすりで成形して取り付け。
様子見は続く。




プラグの焼け具合も良くなってきた。



清掃して取り付け。






ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャブのガソリンが空 | トップ | フロートボウル(フロートチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事