YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

ダイハツキャスト TVキット取り付け。

2017年03月02日 21時35分09秒 | 
2017.2.22
ダイハツ キャスト スタイルG SAⅡ納車。




2017.3.1
走行時にナビ NMZK-W67D のTV試聴が出来なくなるので、市販のTVキットを購入。




ネットの「ケーズシステム 通信プラザ」で購入。
¥2407+送料。
5P-5Pのオスメス端子をカーナビの5P端子に割り込ませてアースに落とす物。



バッテリーからマイナス端子を外すと学習機能等、いろいろ面倒で販売店に持ち込む事になりそうなのでバッテリーはそのままにする。

ドライバーにテーピングしてパネルを手前に外す。ナビのパネル右下に窪みが有る。
ここまでは、販売店に聞いていた。



パネルが外れた状態。
次に外す場所が解らない。




どの部分が外れるのか解らなかったが、手前の四角い枠を上に上げると、カーナビの上のカバー部分がバコっと外れる。


前のHONDA車はパネルを外すのにエアコン吹き出し口の中やコイン入れの奥にネジが有った。
今回の車はパネルとカバーにネジは一個も無かった。
特にカーナビをフルオープンにしなくても良い感じ。
外し方が解らなかったのでネジを探す為、フルオープン状態にしていた。




メーカーではなく、ディーラーでのナビ取り付けの場合、右下のネジの様にロックタイプになっている。
ナビの取説と一緒に有ったロック解除工具に六角レンチを足して取り外す。




ダイハツの純正ナビ本体には5P端子は無く、途中に5P接続端子が有ると取説に有り。
5Pのソケットがなかなか見つからず、一番下に隠れていた。
(写真は白い5Pソケットを外した状態)




外した5Pに今回購入したTV010を割り込ませて接続。




ボディーアースする。
パーキングブレーキ信号だけでなく、車速パルスの信号も解消すべき場合が有り、
データを持っているわけではないのでキットを使用した。




元通りに取り付ける。




カーナビの設定項目でパーキングブレーキ警報をOFFに設定する。
試運転で問題なくTV試聴出来た。



走行中、ナビ操作も可能。











ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タコメーター異音の解消、タ... | トップ |  久々のクランクケース磨き、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL