YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

ガソリンが降りてこない。

2017年05月27日 19時40分53秒 | バイク
2017.5.26
ガソリンコックを通常のON位置で出社途中、信号待ちでエンジン停止、タンクにガソリンが有るのにキャブにガソリンが無い感じで、ガソリンコックをプリにしてキックすると正常となる。
エンジンを掛けた状態で、コックからキャブへのガソリンホースが負圧の不具合か、吸引したようにペッタンコに潰れた様になるので気になっていた。



2017.5.27
ガソリンホース交換







透明タイプの新品が無かったので使い古しのホースに交換。





古いホースなので、カッチカチ。
ホースは負圧の影響では潰れそうにないので、これで様子見。



チェーンにオイル塗布。






2017.5.30

前のガソリンホースでも四六時中コックをPRI位置にしておけばガス欠状態にはならなかったが
完全ガス欠の可能性があるので、常時コックをPRI位置にはできない。
ガソリンホース交換後コックを通常のON位置で二日間走行、ガス欠状態にはならないので良い感じ。

ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャブのガソリン量チェック | トップ | タンク 初めてのローラー塗装。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

バイク」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。