YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

キャブのガソリン量チェック

2017年05月22日 20時23分30秒 | バイク
2017.5.21
去年キャブを替えてからか、もっと前からか、朝エンジンを掛ける前にガソリンタンクの
コックをプリにしてガソリンを数十秒送らないとエンジンが掛かりにくい日々が続いていた。
燃費も悪い状態が続く。
一晩過ぎた昼過ぎ、左キャブのガソリン量をチェック、少ない。



左キャブ18cc程しか無い。



右キャブもガソリンが少ない。


右キャブ17cc程、これではエンジンは掛からない。



ガソリンコックをプリにして約1分程ガソリンを強制充填する。



1分後フロート内のガソリン量チェック、左キャブ約35cc程。




右キャブ少ないが約30cc程。





その後コックの負圧部分のチューブを口で吸うとガソリンが降りて来たので、コックのダイヤフラムも正常な様子。



KAWASAKI製のダイヤフラムコック部品なのでエア抜き等、不具合が有るのかもしれない。
フロートのガソリンが少なくなるのは自然蒸発なのか、もう少し様子見。



ついでにプラグ点検、煤けている。


紙やすりで清掃。


コックをプリでガソリン充填後は問題なく、キック一発で掛かる。



2017.5.22
何も対策をしていないので今朝もコックをプリにしてガソリンを送らないと
エンジンは掛かりかけてすぐ止まる。
走行中はコックをプリにして出社と帰宅時にコックをON位置にすることにした。


ジャンル:
維持
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  久々のクランクケース磨き、... | トップ | ガソリンが降りてこない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。