YAMAHA XS250SPL

1980年製バイクXS250スペシャル(4A8)の維持、他車種部品流用等。ブログ開始2009年11月1日。

ガソリンが降りてこない。

2017年05月27日 19時40分53秒 | バイク
2017.5.26
ガソリンコックを通常のON位置で出社途中、信号待ちでエンジン停止、タンクにガソリンが有るのにキャブにガソリンが無い感じで、ガソリンコックをプリにしてキックすると正常となる。
エンジンを掛けた状態で、コックからキャブへのガソリンホースが負圧の不具合か、吸引したようにペッタンコに潰れた様になるので気になっていた。



2017.5.27
ガソリンホース交換







透明タイプの新品が無かったので使い古しのホースに交換。





古いホースなので、カッチカチ。
ホースは負圧の影響では潰れそうにないので、これで様子見。



チェーンにオイル塗布。






2017.5.30

前のガソリンホースでも四六時中コックをPRI位置にしておけばガス欠状態にはならなかったが
完全ガス欠の可能性があるので、常時コックをPRI位置にはできない。
ガソリンホース交換後コックを通常のON位置で二日間走行、ガス欠状態にはならないので良い感じ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

キャブのガソリン量チェック

2017年05月22日 20時23分30秒 | バイク
2017.5.21
去年キャブを替えてからか、もっと前からか、朝エンジンを掛ける前にガソリンタンクの
コックをプリにしてガソリンを数十秒送らないとエンジンが掛かりにくい日々が続いていた。
燃費も悪い状態が続く。
一晩過ぎた昼過ぎ、左キャブのガソリン量をチェック、少ない。



左キャブ18cc程しか無い。



右キャブもガソリンが少ない。


右キャブ17cc程、これではエンジンは掛からない。



ガソリンコックをプリにして約1分程ガソリンを強制充填する。



1分後フロート内のガソリン量チェック、左キャブ約35cc程。




右キャブ少ないが約30cc程。





その後コックの負圧部分のチューブを口で吸うとガソリンが降りて来たので、コックのダイヤフラムも正常な様子。



KAWASAKI製のダイヤフラムコック部品なのでエア抜き等、不具合が有るのかもしれない。
フロートのガソリンが少なくなるのは自然蒸発なのか、もう少し様子見。



ついでにプラグ点検、煤けている。


紙やすりで清掃。


コックをプリでガソリン充填後は問題なく、キック一発で掛かる。



2017.5.22
何も対策をしていないので今朝もコックをプリにしてガソリンを送らないと
エンジンは掛かりかけてすぐ止まる。
走行中はコックをプリにして出社と帰宅時にコックをON位置にすることにした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々のクランクケース磨き、使えない耐水ペーパーも有り。

2017年04月24日 21時07分37秒 | バイク


2017.4.23
クランクケース磨き。


CRC556をクランクケースカバー周りに吹き付ける。


今回は買っておいた1500番の耐水ペーパーで汚れ落としをした。
ケースがブツブツだったり、キズが有れば400番や800番から始める。



ウェスやタオルで汚れをふき取る。



何と、コーナンで買っておいた耐水ペーパーはCRCで溶けだしたのか、5分と持たずボロボロになる。
CRC556を使う使用方法には使えない感じ。



左が今回買っておいた耐水ペーパー、右が去年まで使っていたSANKYO製耐水ペーパー。
メーカーによってこれほど差が有るとは思っていなかった。
以前から使用している方はCRC556で洗い流せば何度でも使用可能。



空ぶきを開始しても今回買っておいた耐水ペーパー1500番ではペーパーとペーパーをこすり合わせて番数を稼いで使用しても下記写真の上半分の様にピッカリとはならず、以前から使用の耐水ペーパーは下記YAMAHA文字の下の丸く磨いた様に軽く光沢が出る。
耐水ペーパー1500番は最初の汚れ落としだけに使用する事にする。



仕方が無いので、使い古しの残り少ない2000番耐水ペーパーで空ぶきする。






左カバーも開始。



同様にCRC556を吹き付ける。


耐水ペーパーで汚れをこすり落とす。


ウェスやタオルで拭きとる。



耐水ペーパー2000番で空ぶきしていく。


使い古しの耐水ペーパーでも十分綺麗になった。




フロントフォークアウターも磨き開始。


CRC556吹き付け後、耐水ペーパー1500番で汚れ落とし。


ウェスで拭き取り。


耐水ペーパー2000番で空ぶき。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイハツキャスト TVキット取り付け。

2017年03月02日 21時35分09秒 | 
2017.2.22
ダイハツ キャスト スタイルG SAⅡ納車。




2017.3.1
走行時にナビ NMZK-W67D のTV試聴が出来なくなるので、市販のTVキットを購入。




ネットの「ケーズシステム 通信プラザ」で購入。
¥2407+送料。
5P-5Pのオスメス端子をカーナビの5P端子に割り込ませてアースに落とす物。



バッテリーからマイナス端子を外すと学習機能等、いろいろ面倒で販売店に持ち込む事になりそうなのでバッテリーはそのままにする。

ドライバーにテーピングしてパネルを手前に外す。ナビのパネル右下に窪みが有る。
ここまでは、販売店に聞いていた。



パネルが外れた状態。
次に外す場所が解らない。




どの部分が外れるのか解らなかったが、手前の四角い枠を上に上げると、カーナビの上のカバー部分がバコっと外れる。


前のHONDA車はパネルを外すのにエアコン吹き出し口の中やコイン入れの奥にネジが有った。
今回の車はパネルとカバーにネジは一個も無かった。
特にカーナビをフルオープンにしなくても良い感じ。
外し方が解らなかったのでネジを探す為、フルオープン状態にしていた。




メーカーではなく、ディーラーでのナビ取り付けの場合、右下のネジの様にロックタイプになっている。
ナビの取説と一緒に有ったロック解除工具に六角レンチを足して取り外す。




ダイハツの純正ナビ本体には5P端子は無く、途中に5P接続端子が有ると取説に有り。
5Pのソケットがなかなか見つからず、一番下に隠れていた。




外した5Pに今回購入したTV010を割り込ませて接続。




ボディーアースする。




元通りに取り付ける。




カーナビの設定項目でパーキングブレーキ警報をOFFに設定する。
試運転で問題なくTV試聴出来た。















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タコメーター異音の解消、タコメーター中身とグリスアップ

2017年02月06日 16時39分41秒 | バイク
2017.2.6
インフルエンザA型で自宅療養中。

2017.1.31
タコメーター中身
針が折れたタコメーターを分解。








タコメーターケーブル接続ライン上の磁石が入った円盤が左に回転すると斜めになっている
お椀型の部分が誘導回転しタコメーターの針が振れる。











2017.2.6
タコメーターグリスアップ
タコメーターを取り外す為、ライトステーの六角ボルトを緩めてヘッドライトを下げる。







メーターの中身だけ取り外す。





このシャフト周りにグリスアップ。






グリスアップ後、確認。


メーターのガラス+枠部分のみ元のタコメーターの物と取り換える。
キュルキュル音は、まったく出ない。





2017.2.6
チェーン張り調整後、リヤブレーキの調整位置が微妙になってきたので調整。


ブレーキカムシャフトレバーをワンタップ後方へ入れ替え。


良い感じになる。





2017.2.9
インフルエンザ後、出社。タコメーターは問題なく動作中。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加