きもの雑記帳

大好きなきものについて、日々想うことを綴ります

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カフェオレ色の大島紬

2008-05-17 22:40:06 | コレクション
久しぶりに更新します。
あまりに久しぶりなので、かなり緊張しております。

蚊絣の大島紬です。
茶色い地色の中に、白い蚊絣が入っているので、遠目にはカフェオレ色の無地に見えます。
藍地や赤地に白絣はたまに見かけるのですが、この色はちょっと珍しいので購入しました。
どんな帯でもOKの万能着物です。
コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

製作中の袷

2008-01-13 23:37:46 | 針仕事
去年、約1年かけて制作した袷着物に引き続き、ただ今2枚目の袷を制作しています。
当初、予定していたお召しの反物は長さが足りず、今回は断念しました。
(洗い張りまで出したのに・・・・)
この反物は4年前くらいに、ネットオークションで落札したものでしたが、あまりに地味なので、ずっと寝かせていたものです。
4年たってやっと日の目を見ることになりました。
完成まで、また1年くらいかかるんだろうなぁ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

明けましておめでとうございます。

2008-01-02 00:52:07 | 針仕事
明けましておめでとうございます。
大変ご無沙汰して、申し訳ありません。
ブログの更新こそ怠っておりますが、相変わらず休日には着物を着ています。

写真の着物は、12月にやっと完成した袷着物です。
アイボリーの紬地に薄墨で木の葉が描かれています。
リサイクルショップで買ったものを洗い張りして縫いなおした物です。
失敗して何度も縫い直したりしていたので、完成までには結局1年近くかかってしまいました。
次も袷を縫う予定ですが、また1年くらいかかるかも・・・・・。

皆さんにとって素敵な1年でありますように!
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

着物と汗

2007-11-05 16:41:43 | きもののお手入れ
前回、ご紹介した悉皆屋さんに聞いた話で、思い出したことがあったので、書いておきます。
先日、お手入れに出した2枚の着物のうち、1枚に「汗の跡があったので取っておきました。」と、言われました。
持っていく前に家で確認したところ、汗染みらしいものは全く見当たらなかったので、それを伝えると、
「胴裏を軽く水拭きすると、汗を吸っている部分がわかるのです。」と、教えてくれました。
「それ、自分でやったら駄目ですか?」と、聞いてみると、やはり
「うーん、やめたほうがいいですね。」とのことでした。
また、汗は、ドライクリーニングでは上手く取れないうえ、長く放置しておくと変色にも繋がるそうです。
今までは、とりあえずドライクリーニングに出しておけば大丈夫だと思っていたのに・・・・。
お手入れの世界も奥が深いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悉皆屋さんその2

2007-10-26 22:21:29 | きもののお手入れ
前回、着物のお手入れをお願いした悉皆屋さんについての報告です。
先週の金曜日、お手入れが終わった旨の連絡があり、翌日、引き取りに行ってきました。

1枚は、シミ抜き、そで口の汚れ落し、皺伸ばしで6千円、
もう1枚は、汗取り、襟、そで口の汚れ落し、皺伸ばしで、8千円でした。
この金額を適正と思うか、高いと思うかは人それぞれだとは思うのですが、
綺麗にプレスされ、新しい畳紙に入って返ってきました。
仕上がりも綺麗だし・・・・。
畳紙には、着物の写真も貼られていました。

場所も遠くないので、ちょっとしたお手入れは暫くこの悉皆屋さんにお願いしようと思っています。

きものトータルクリニック吉本のHPはコチラ↓
http://www.kimono-yoshimoto.co.jp/index.htm



コメント
この記事をはてなブックマークに追加