tako(タコ)、もっと自由でいいと思うんだ

とにかく好きなことを書こうと思い立ったわけで。
アコースティックソロギターインストでの音楽活動もやってます。

メロディって大事

2018-01-15 12:49:54 | ギター

岩本町 Live café Eggman tokyo east

お越しいただいたみなさま、ご一緒したみなさま、ありがとうございました。

以下セトリです。

cheers!!
fighting cock
eagle rare
Woven moonlight
talk about you, who you are
White sky ←★新曲★
timorous beasties
HARVEST


約一年ぶりに新曲が出来ました。

White sky。

会場では「White moon」と紹介してしまいましたが笑

寒い冬をイメージした曲になっております。

また、他のライブ会場でもやりますので、遊びに来てください。


さて、ご一緒したお二方。

ドゥドゥック奏者の樽見ヤスタカさん

ソロベーシストの兄蔵さん

どちらも、インストゥルメンタルの楽曲をやられていて、

ハッキリ言って歯が立たない、と思った。


情景が浮かぶメロディ。

口ずさみたくなるメロディ。

takoに足りないものだ。


正直言うと、終演後その中にいるのが恥ずかしくなって、

そそくさと退散してしまいました。

ホントにごめんなさいm(_ _)m



リズムに歓喜するのは若いうちだけ、

と以前誰かに言われたけど、

ホントにそうだなぁと。

いい音楽にはいいメロディ。

これから新しく曲を作る上での課題かな。

精進します。

暖かく見守ってください。


…圧倒的な音楽を聴くと、いつもヘコんで帰る takoでした笑


次回ライブは!


2018/1/25 (木)
新宿 Live Freak
OTONOVA × 新宿 Live Freak
予選会 Vol.2
live-freak.com
※ takoは20:50〜

ご予約のコメントやDMお待ちしてます!!




写真は樽見ヤスタカさんからいただきました!

ありがとうございます!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2018 あけましておめでとうございます。

2018-01-01 12:39:44 | 雑記
みなさまあけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


さて、昨年は tako的には何も大きな進展が無く、反省ばかりの年でした。
…いきなり反省かい…笑


今年は何かいろいろとやりたいと思います。
…何かっつって何かやった人を知らんけども笑



昨年一年通して、割と評判良かった「woven moonlight」という曲。
サンプルCDの中にも収録されているこの曲、
普段はケチってショートバージョンしかアップしないんですが、
youtubeの方にフルバージョンをアップしてみました。

一部の人への僕からのお年玉、ということで。
…偉そうだな、オイ笑

https://youtu.be/QIvLjIenFTs

実はこの曲、気づいている人はほとんどいないと思いますが、
昨年、チューニングを
CGDGADからGGDGADに改変しました。
かなり思い入れのある曲でもあるので、低音を広げた事でだいぶ奥行きのある曲になってきたかと思います。


来年は、新曲いっぱい作ります!


というわけで、2018年のライブ予定!

2018/1/12(金)
岩本町 Live café Eggman tokyo east

2018/1/25 (木)
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/

2018/2/10 (土)
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/
※サブステ

2018/2/15 (木)
下北沢WAVER
http://waverwaver.net/


みなさま、よろしくお願いします!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良いお年を

2017-12-22 14:05:05 | ギター
うん、ちょっと早いか笑


今年最後のライブが終わりました。
サブステ。


新宿Live Freak。
ここは僕にとっては原点であり、1番緊張する場所。


ここには好き以上の感情で音楽に向き合う人たちがいて、そんな人たちに会うと、「やっぱナメたことは出来ないよなぁ」って思う。
なのに、サブステ終盤では酔ってしまう。
…大反省ですよ笑死


とても敵わない相手が現れて、"楽しい"が"辛い"になる。ただ、その"辛い"を知れば"楽しい"。

とある人から言われた言葉を僕なりに解釈してみました。そして、とても敵わない相手は今の僕にとってはその人。
数ヶ月ぶりにライブをみたら、どエライ迫力と表現になっていて、背筋がゾクッとした。
ああ、ちょっと惰性で音楽をやってしまってたような気がする。"楽しい"が僕の音楽の動機なんだけど、その先の"楽しい"をもっと知りたい。

そんな事を思った夜。



さーて、来年は、、、



2018/2/15 (木)
下北沢WAVER
http://waverwaver.net/

---------------------------
2018/2/10 (土)
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/
(サブステ)

---------------------------
2018/1/25 (木)
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/


---------------------------
2018/1/12(金)
岩本町 Live café Eggman tokyo east
※詳細未定



今のところこんな感じで決まってます。

来年もやるでぃ、俺は。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノンタイトル

2017-12-18 21:52:08 | 雑記
久しぶりの投稿。

みなさま、お久しぶりです。


こんな更新しないブログ、

誰もみてないか笑



まず、今年ラストのライブの告知。

2017/12/21 (木)
新宿 Live Freak
http://www.live-freak.com/
『OPEN MIND』
Vivienne's Verdict (from Singapore)
Falling Doves (from LA)
unclose
DOT.
カウボーイ農園
[サブステージ]
tako
OPEN 18:00
START 18:30
DOOR:¥2,500
ADV:¥2,000
+ [1Drink ¥500] or [3Drinks ¥1,000]


マジでテンションアガるバンドばかりの一日。

tako目的じゃなくてもいいから、

みんなおいでよ。



閑話休題。


今年もたくさんライブやらせていただいて、

今年は24本。

よくもまぁ、

こんなお客が呼べないアングラギタリストを、

どのお店もステージに立たせてくれたもんだ。

感謝感激雨嵐。

来年もよろしくお願いしまーす軽。



そういえば、

今年は新曲を1つも作ってなくて、

ちょっと焦りを感じていますが、

まぁ、降りてこないことには作りようがないわけで、

名曲は寝て待て

…か笑




何のために僕はステージに立つの?

それを考えた一年でもあった。

でも、その答えは見つかった気がする。

自分の音楽でみんなを幸せにしたい!

なんて、どこぞのイタいシンガーソングライターみたいなことは言うつもりはない毒。

結局は自分のためなのだ。

そして、その上で僕の音楽を良いと言ってくれる人がいれば、

その人の期待に応え続ける。

始めてしまった takoの音楽を、

良いと言ってくれる人が1人でもいるなら、

その人のために続けるのだ。

それで十分じゃないか。


…酔った勢いでブログを書くと、

まとまらなくなるので、

みなさま、おやすみ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕のやりたい音楽

2017-07-01 18:41:44 | ギター
僕は

BGM

をやりたいんだ。



それも、CDで音源化してしまったものを流してるんじゃなくて、

誰かの空間に

僕も演奏者としてそこにいる

というのが理想だ。


例えば、

みんながレストランやバーで食事を楽しんでいる空間に、

演奏者としての僕がいて、

みんな僕の方なんか気にしてなくて、

恋人や家族と会話を楽しんでて、

でも、その中に1人こっちを見る人がいて、

僕の演奏が終わったら拍手くれるんだけど、

またその人は恋人や家族との会話に戻って、

僕はまた次の曲を弾き始める。

みたいなのが1番素敵だ。





ライブハウスは音楽を聴きに行くところ。

場所によっては簡単な食事やお酒を楽しむことが出来る。

しかし、その逆の場所、

食事を楽しみに行ったら誰かが演奏していて、

音楽をライトに楽しむ。

僕が理想の演奏の場としているところが、

無いのだ。

あるかもしれないけど、少なくとも僕の身の回りで、そんな場所を知ってる人はいない。

お世話になってるライブハウスには海外バンドがよく来てて、

その人たちの中には、そういうお店が日本に無いことに驚く人もいるようだ。

海外ではそういう形態のお店は割とメジャーなのかも知れない。

僕は映画で観たぐらいで、ほとんど海外に行ったことないのでよく知らないが。




仮に僕が自分で、

食事を楽しめて、
その端にひっそりとステージがあって、
BGMを演奏する人がいる

そんなコンセプトでお店を作ったとしても、

その場所はたちまち"ライブハウス"となってしまうだろう。


お店は音楽を流していて、

それを不快に思う人はいない。

でも、音楽を演奏する人がその空間にいると、

やはり空気が変わるだろう。

そこは"音楽のための場所"になってしまうだろう。



先日、ライブ終わりに人と話した時に、

日本に音楽が文化として根付いていない

音楽との接し方が海外と違う

という話が出た。


僕は海外と日本の違いとかはよくわからないが、

僕なりに咀嚼すると、

音楽は生活の中にあるもの、という意識に出来ないのだ。

と、思う。



そういえば、東京では路上ライブがやりにくい。

街を歩いていても、生の"生きている音楽"を聴く機会は少ない。

生の音楽を聴くためには、ライブハウスやコンサート会場に行かなければいけない。

誤解のないように断っておくと、僕は自分で路上ライブをやりたいから言っているのではなくて、

音楽が好きな人間として、街で路上ライブを聴きたいのだ。"生きている音楽"をもっと聴きたいのだ。



"生きている音楽"に接する機会の少ない人が、"生きている音楽"の良さを感じるのは難しい。

何から解決すればいいのかなんてわかんないんだけど、

でも、もっと"生きている音楽"を好きなる人が増えたら、

僕の理想の場所が出来るのかなぁ、

って思う。





うん、理想ばかりでそのための解決策を何も考えないのが、僕の悪いところだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加