勝率わずか

常に勝率わずかと思って取り組むべし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勝率わずか

2017-06-18 09:03:22 | 日記
何事に取り組み始める際には、勝率はわずかだと考えるべきなんです。
誰でもベストな方法と考えて何かを始めるので、勝率は高いだろうと勘違いしてしまいますが、何をするにもライバルは必ずいて、彼らは数年前からそれを実践している先輩な訳で。その彼らにすぐに勝てるなんて考えるのは勘違いもイイところですね。
なので、はじめは謙虚に負ける確率が高いことを認め、どうすれば勝率を上げていけるかの戦略を練るべきです。
その際、具体的になりたい姿、こうありたいという思いを紙に書きだす事が大事です。人と同じことばかりしていては、他人と同じような人生、つまり凡人としての人生を送ることになるでしょう。なので、どんどんチャレンジしていくべきです。しばらくは負けが続くことを覚悟しながら、半年後には必ず勝つと心に誓って。しかしながら、他人と異なることをしていると批判されたり、バカにされたり辛い事も多くなります。だからなのか、日本人は他の人に合わせる、とにかく合わせるという人が多いように思います。私も同様なので、その気持ちは分かります。でも勇気を出して人と違う部分を心掛けていくと良いことが生まれることもあります。
例えば、アメリカのトランプ大統領。彼は人の目ばかりを気にする典型的な日本人とは正反対です。
調べてみたのですが、ドナルド・トランプ大統領(1946年6月生まれ,2017年6月で71歳)は結婚を3回しており、いずれも美女ばかり。これって並みの日本人には中々難しいですね。
1番目の妻イヴァナは、2歳年下で元ファッションモデルの美女。
2番目の妻メイプルズは、17歳年下の元ファッションモデルなのでとても美人。このときトランプは47歳。メイプルズは30歳。3番目の妻メラニアは、24歳年下の、これまた元ファッションモデルなので美人。このときトランプは59歳。メラニアは35歳。再婚のたびに、さらに年下の元ファッションモデルを選んでいます。特別ハンサムではないトランプが美女をものにしている通り、金持ちは女性にモテるんですね。だから私も少し金持ちになれたらと思ってるんです。うーん、オリジナリティよりも金の話になってしまった。が、誰でも金持ちになりたいのは同じなので、実際どうすれば成れるのか考え中です。もちろん、自分自身を磨くこともやっていかねば。そういう習慣が必要ですね。何事も継続が大事です。がんばりましょう。という訳で無理やり結論ですが、オリジナリティを出しつつ、金持ちの習慣に学び、自分を磨く。人並以上、突き抜けていきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 気持ち良い生活 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。