50歳の子育て奮闘記

2004年にフィリピンで再婚
その後日本に帰って子育に翻弄する
男としての最後の生きざまを綴る。

我が家の住人 カメぼん!

2017-05-17 11:38:52 | 日記

3月の末に 冬眠から目覚めた カメぼん!

盛んに 水槽の中で 暴れています 1年前に 買ったのかな?

もう 忘れましたが 買った時の大きさから 考えれば ずいぶん大きくなったね

もうすぐ 淀川に 放す事になるのかな でも 大丈夫 日本在来種ですからOKです

亀も緑亀が 自然界でのさばっています 四天王寺の亀池などは 75%が緑亀です

緑亀 小さな時は可愛いですが 大きくなれば 凶暴化し 皆さん 飼えなくなり

田んぼに 逃がすのでしょう。。。

もう2~3年は カメぼんさんも 水槽で飼えますんで また 皆さん 餌をやりに 来て下さい

キャベツ、レタスが大好物です。。。

 

クサがめ”  何処にでも居る 亀です。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浴衣ドレス その3 完成です! | トップ | 五島列島からのブリ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然へ (Malilipot)
2017-05-18 20:52:29
タコぼんさん、皆さん今晩は。
亀さんですか・・・・・!!
小さい内は水槽で飼えますが大きくなればそれなりに飼う事が大変に成りますね。

愛ちゃんも大きくなり亀に興味も薄れて仕舞いますよね。
生き物を飼う事は何時か手放す時が来ますね。

日本古来の亀なら自然に戻しても問題無いですね。
外来種は日本の生態系を乱すし獰猛なものも居ますので買う時に注意が必要ですね。
自然へ (Malilipot) (タコぼん)
2017-05-19 09:06:40
日本で一番 多く見られる亀ですから
戻しても問題はないと思いますが
買う時に念書を書いています 大切に飼う事や
自然に戻さないと でも日本古来の亀ですから
私は問題ないと思い この亀にしました!
でも 昔のように緑亀は 今は販売されていません
家の近くの小川でも 緑亀の大型は沢山見かけますが
小亀は見ません! なぜかな???

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。