(一社)千葉県宅地建物取引業協会 千葉支部

(一社)宅建協会千葉支部の事業及び事務連絡を発信します。コメント等書き込みは受け付けておりませんのでご了承ください。

千葉市内5警察署と「安全で安心できる県民生活の確保のための協力に関する覚書」締結

2016年09月15日 | 総務委員会

 

宅建協会千葉支部は、本日9月15日宅建協会千葉支部会館において、千葉市内5警察署と「安全で安心できる県民生活の確保のための協力に関する覚書」を締結いたしました。

千葉県警   千葉中央警察署 警視正 野村 寛 様
       千葉東警察署長  警視 松木 伸二 様
       千葉西警察署長  警視 渡邊 貴史 様
       千葉南警察署長  警視 佐藤 保 様
       千葉北警察署長  警視 鈴木 昇 様

(一社)千葉県宅地建物取引業協会千葉支部 支部長 貝川和正

当支部はこれまでに、千葉市・千葉市町内自治会連合会との自治会加入促進ための三者協定を結ぶなどして、「地域」を顧客と捉え、ハトマーク会員が継続して地域まもり・家まもり・資産まもりのお手伝いを行い「みんなの笑顔」の実現を目指して来ております。千葉市民協働といえる「ちばレポ」にも積極的に参加しています。


 昨今千葉市内でも連続して凶悪犯罪が発生し、防犯抑止の重要性を確信したところ、会員からの要望もあり、千葉東警察署を中心とした千葉市内5警察へ、犯罪抑止及びテロ・ゲリラ防止のために当支部会員が業務を活かした取り組みでの協力をご提案させていただきました。

 

千葉県宅地建物取引業協会千葉支部 支部長 貝川和正

(一社 千葉県宅地建物取引業協会 会長 貝川 和正)

 

千葉中央署長 野村寛様より「千葉市内97万4千人の安全と安心を守責任者の一人として、今回の覚書は大変喜ばしく思います。県内だけでなく全国へと広がることを祈念いたします」と、ご挨拶をいただきました。

 

来賓

生活安全総務課長 警視 山田 耕作様 
警備部外事課長  警視 吉田 裕紀様

   

《協定内容》

犯罪の抑止対策として、防犯カメラの普及促進(会員が管理する建物対象)
捜査活動の円滑化への協力
犯罪情報の提供(適正な管理・目的外使用の禁止)
広報啓発等


《周知活動予定》
研修会及び会議における防犯講話、広報紙やチラシ作成

 

 






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月の千葉市役所住宅相談日程 | トップ | 熊谷千葉市長と「秘密基地・... »
最近の画像もっと見る

総務委員会」カテゴリの最新記事