for the best performance

関心事 福島原発、放射能、赤字国債 少子高齢化、大気と水、外国人流入、宇宙

再掲  イギリス  中国  アヘン戦争

2017-06-14 00:40:51 | Weblog

http://www12.plala.or.jp/rekisi/ahen.html

 歴史年代ゴロ合わせ暗記  

歴史年代ゴロ合わせ暗記アヘン戦争の原因と結末
     

アヘン戦争の原因と結末

  <iframe id="aswift_0" name="aswift_0" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="655" height="60"></iframe>
 
 1840年に始まった中国の清とイギリスとの間の戦争。この戦争は、麻薬であるアヘンが原因となったため、アヘン戦争と呼ばれています。約2年続いたアヘン戦争は、イギリスの勝利で終わり1842年、清は南京条約を結ばされました。

 では、このアヘン戦争について、すこし詳しく見てみましょう。

 18世紀ごろ。ヨーロッパでは、紅茶が大流行となりイギリスでは清から大量の茶を輸入していました。しかし、イギリスにしてみたら、清から茶を大量に購入するばかりで清との間では大幅な貿易赤字。時計や望遠鏡などを輸出するものの、そんなもの清の一部のお金持ちにしか人気がない。そこで、メキシコやスペインから購入した銀を中国に輸出し茶を購入していましたが、その銀も清国内でだぶつく状態となっていきます。そこで、銀よりもっといいものないかなぁ。とイギリスは考えます。

「そうだ!」

と思いついたものが、とんでもない代物でした。麻薬であるアヘンです。こんなの現在なら国際問題ですよね。しかも、イギリスでは、絶対に輸入を許していない代物を他国に売りつけちゃおうというのだから、メチャクチャです。

 当時、清ではアヘンの輸入禁止を決めていましたが密輸入でどんどんアヘンが入ってくるようになってしまいます。まぁ、当時すでに清は衰退期に入っており、輸入禁止と叫んでみてもあまり効果もない・・・。しかも、清の政府内では、賄賂をもらってアヘン輸入を黙認している人たちもいっぱいいるような状態。

 そんな、こんなで、このアヘンが清で大ヒットとなってしまう。アヘンの輸入量が茶の輸出量を上回り、茶だけでは足りず、イギリスから嘗て購入した銀まで流出していくほど・・・。これが、原因となり清では経済危機にまで発展していきます。

 そして、ついに清もいよいよ本格的に動き出します。清の道光帝(どうこうてい)は、アヘンを販売した者、アヘンを吸った者は死罪という厳しい法律を作り対応。そして、林則徐(りんそくじょ)という大臣は、これに従いイギリスの貿易商からアヘン2万3000箱を没収し捨ててしまいます。

 これに怒ったイギリスは、軍艦にて清の沿岸に発砲し、アヘン戦争が始まりました。しかし、圧倒的なイギリス海軍の力により清は敗北。1842年、南京条約に調印となり、イギリスは香港島を占領となりました。

 このアヘン戦争。日本にはまったく関係ないようにも思えますが、よく考えればお隣の国の出来事。アヘン戦争の清敗北が原因となり鎖国中の日本にも外国船がたびたびやってくるようになります。
 そして、ついに1853年にはペリーが浦賀に来航するのですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【自然音】せせらぎと野鳥の... | トップ | 再掲  幕末の日本はなぜア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。