瀧澤龍雄による栃木県の石碑調査と石仏調査

栃木県内で、石碑等を見て歩いた内容です。なお、コメントは、必ず実名を使用して下さい。内容により削除することもあります。

今回は、栃木県でようやく出会えた生方鼎斎の揮毫銘文の御紹介です

2017年07月29日 | Weblog


前回に続いての掲載で、これは四角柱の碑陰に記された銘文です。そこに、前回の大竹蒋塘と同じく菱湖子四天王の一人としての生方鼎斎が揮毫した銘文がありました。もちろん、私にとっては栃木県で初めて目にする書ですので、嬉しいことこの限りなしです。そしてその揮毫された文字の上品さに感嘆しました。本当に自信のある書家とは、このように何の衒いもない書体で揮毫するものだと驚きつつも感服いたしました。これまでに多くの書家の碑文を見てきましたが、私的には宇都宮の戸田香園と並んで尤も好きな書家となりました。
さて次回は、いよいよ今回の四角柱に見る碑文の最後、右側となりました。その面の銘文選者は静軒寺門になるものです。どんな格調高い内容になるのか、今から楽しみです。これも機会があれば、ここへ掲載しようと思っていますが、いつになるかは判りません。そしてその悩みはこれだけにあらずして、、揮毫者は「晩■原彺力疾」書とありますが、私の浅学さではどのような経歴の持ち主なのかが判りません。もし、これをご覧になってその方の経歴等をご存知の方は、ぜひにご教示賜れますようこの紙面を借りてお願い申し上げます。そしてそこには隷書体で全文が書かれているために、読めない文字が沢山出てきます。これは困ったものだと今から頭を抱えています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忍城芳川逸(芳川波山)撰文... | トップ | 今回の石碑最後は、静軒寺門... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。